挫折とか落ち込むときって外の指標を使ってるときだったよ

YUKAlog-

挫折とか落ち込むときって外の指標を使ってるときだよ

・なんか高級外車が多くなったな
・なんかブログって難しいな
・これでお金稼ぐ人すごいな
・どうやったらいいんだろう

これ、「不幸を招くねたみ」指標です

ブログ書いてて気がついた

なんか有益な記事をかけてない
なんか人の記事はすごいな

そう考えてるときって、実際に作業してない。
というかほぼ中断してる。

中断のきっかけはいろいろあるけど、
とにかく、作業してない。

動いてない。
頭ばっかり動いてる。

思考だけで行動してない。

思考だけで、実際に検証してないので、迷いが出る。
→動いてないときの迷いはだいたい駄目な方向。

これ「結果」も決まってる。
だって「事実」を指標にしたものじゃないから。

事実の指標が大事。うらやみ指標は無駄。
アクセス件数をうらやんでも意味ない。

なので、書くだけ。
ゴミ記事と言われようと書くだけ。
書けば書くほど、何か気づきがある。

今回、アナリティクスを見てて気がついたこと。

一人のリアルタイムユーザーが記事を読んでくれていた!
たまたま見つけた「1ユーザー」のリアルタイムアクセス。

これ、めちゃくちゃ嬉しいかったです。

で、行動しました。
「この記事どんなこと書いてたっけ?」

「うん?なんか読みにくいな・・・」

SEO的には文章内容とかじゃなくてキーワードの埋め込みとか
タイトル見直せとか言いますけど、これは今回無視。

この1ユーザーさんが読んだハズ(7分も読んでくれてた)の内容。

これを僕が言いたいことをきちんと伝わるように、
そして僕が読んでも「これはいいな」と感じるように、

文章をリライトしました。

これで、ブログ書いてない期間数週間をクリアできました。

あれ?なんか書いてるじゃん。
なんか書けてるじゃん。

そう感じたので、勢いでこの記事を書いてます。

なんのキーワードもなく、書いてます。
なんか書きたいから。

比較するのは自分の行動

挫折とか言いますけどね、

その挫折感を復活させるのは行動しかないな

と思いました。

今、これ書いてますけど、書けてます。
内容どうであれ、書けてます。

書くことが嫌になって挫折してましたが、スラスラ書けてます。

なんでこんな深いとこまで折れたのかな・・・と考えましたら、
わかりました。

毎日毎日、今朝も自分に言い訳してた。

今日眠いからな。
今日頭痛いからな。
今日疲れたからな。
今日は時間ないからな。

いっぱい理由ある。日替わりで理由ある。

で、どうなったか?

毎朝3時おきでやってた生活習慣が
一気に崩れました。

早起きしてるのは相変わらずですが、
3時に起きてブログかくぞ、みたいなことはなし。

なんか、ただただ「どーやってブログ書くかな」と考える。
そして調べて学んでぼーっとして、おしまい。

これの習慣は怖くて、一度やったらやめられません。
いつのまにか数週間、なーんもしないで今日に至る。

アクセス件数が伸びないから挫折してた、じゃなくて、
自分の決めた生活習慣が言い訳で壊れたことが原因。
であることが判明。

この判明は、まさに、今これを書いてるときに
つらつら出てきた回答、答え。

誰に利益となる情報かわかんないけども、
なんか書きたくなった内容です。

書いてて良かったよ。

でも挫折中は本を読んでいたよ

マナブログさんのユーチューブでオススメされてた2冊を読んでました。
ただ読んでただけなんですけどね。

マーケット感覚を身につけよう

マーケット感覚を身につけよう
口コミ:
・商品でもなく値段でもなく、モノの価値を考えよう!!
・一般の起業本では見えてこない「何をするか」を考える力がつく

まだ読んでるけど、
これは僕のようにサラリーマンだったら読むべき本。

仕事ってなんだろう?っていうのがわかる。
カッコイイ仕事してたハズなのに、実はズレズレ。

市場に価値ある仕事してきたんかな?と思った次第。
なので、これからはシステム系でつちかったお話を書く予定。

市場のニーズにあわせて、個人が発信する時代。
そういうことを学び中です。ちょっと遅かったな。

とぐだぐだ言う前にやってみる。

マネーロンダリング

マネーロンダリング (幻冬舎文庫) Kindle版
口コミ:
・お金の知識が身についてストーリーも楽しめる良書
・圧倒的な金融知識をベースにかかれたフィクション

それからもう一つオススメされた本がこれ。
これもキンドルで買った。

この小説は暗い。とても暗い。みんなお金に絡んで壊れていく。
ネタバレになるので、内容は書かない。

ただ、作家の書き方が素晴らしくテンポがいい。

風景描写

事案

事案の背景に必要な金融知識の解説

この組み合わせがずーっと続く。
おかげで、マネーロンダリングの方法がわかった次第。

現物と非居住者がポイントなんですね。

で、暗い小説の最後のとこで、
今のリアルな自分にズドンと届いたものがあります。

そのフレーズがこれ。

誰もが人生をやり直すことができるわけじゃない。
だが、努力することは誰でもできる。

これまで人生リセットできると思ってたふしがありまして、
いつかあのときに戻れてやり直しできるといいけどな、
自分は変わらずに云々。。。

でしたが、なんか違う。やっぱり時間は一直線。

なんか戻れない。老化するばかり。

強みと思ってたものがいつのまにか古いものに。
いつかやり遂げるであろう願望。

で、今。

いつしか「自分の姿を見てみなよ」と言われ、
ふと心を正して見てみる。

あれ?
どうした俺?

そこで響いた言葉。もう一回。

誰もが人生をやり直すことができるわけじゃない。
だが、努力することは誰でもできる。

めっちゃ暗い小説の最後に、このフレーズ。
文字の印象をきっちり伝えるのはプロだなと思いました。

→そういうことで、僕は歩くことに決めました。

なんか知らんけど、歩いてたほうが心穏やかになるんだよね。
歩いてないと、細かいことばかり気になるし。

なので無理しても自分で決めたことはやるべき。
※なんか受験勉強のようです。

人生やりなおしできないし、
この時間やその瞬間って、もう来ないし、
そういうこと知ってたハズなのに、忘れてたよ。

なので、比較して不幸になる思考はやめましょ。
僕自身に問いかけた自分語りな記事でした。

行動しながら考えるとやったときの感情から指標が生まれる。
動かないと不幸を招くうらやみ指標で物事を考えるようになる。

だから安易に易きに流れるんだな(餓鬼のように)。
努力の積み上げはきっと安寧な境地だな(極楽浄土かな)。

結果は後からついてくるって言うし。

 

ということでした。
この記事は以上です。

いつもありがとうございます。