片付けが終わらない時の万能策【生き方を考えると解決する】

「ただ今、混乱中・・・。ぜんぜん片付けが終わらない。テーブルは綺麗にしたけど、他の場所がとっ散らかった。。。あれをやればこれがダメになる。何が悪い?気になるけど、面倒になってきた。どうすればいいの?片付けって。」

片付けが終わらない・・・

その悩み、生き方を考えると解決します。

【目次】片付けが終わらないときの問題点
  • 片付けが終わらない問題点:目的が間違ってる
  • 片付けを終わらせる解決策:生活動線を見直す
  • 片付けのドツボにはまらないポイント:未来志向

この記事を書いている僕は典型的なO型、資質はテキトーです。
けども、思えば人の平均量の5倍は片付けの人生を歩んでいます。
「寮生活で3ヶ月おきの引越し」「実家の片付け」「学校アーカイブ2校分」ほか。
仕事はシステム系ですが、ここでもデータベースの整理整頓中です。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
継続的な片付け

片付けが終わらない時の万能策

片付けが終わらないときは、迷いをなくすことから始めましょう。
迷いは、生き方を決めると解決していくものです。

優先が決まってるので、あとはちょこちょこ動くと勝手に綺麗に整います。片付けを難しく考える必要はないです。

  • 片付けが終わらない問題点:目的が間違ってる
  • 片付けを終わらせる解決策:生活動線を見直す
  • 片付けのドツボにはまらないポイント

順番にご案内します。

片付けが終わらない問題点:目的が間違ってる

片付けが終わらない問題点:目的が間違ってる
以下を参考に何のために片付けるのか?を考えると吉です。

  • その①:何のために片付ける?
  • その②:迷いがなくなります。
  • その③:収納目的の片付けは終わりがない

その①:何のために片付ける?

正解は「まずは自分のため」と「心をつくること」です。

なにやら難しい問いかもしれませんが、大丈夫。

なんで片付けをしますか?
◯◯が散らかしたから?誰もやらないから?

どれも不正解。生活すると汚れますし、とっ散らかります。

人がいるだけでモノが散ります。
無人島は綺麗。だって人がいないから。

戻ります。
とっ散らかる原因に意識があると、いつも「不平不満」と「終わらない辛さ」を抱えながらの生活です。相手があると、気分は責めモードだったりしますよね。

で、何のために片付けるか?
ここでの正解は「自分のため」と「心をつくる」ため。

片付けと近しい「掃除」のプロがこんなことを言ってました。
羽田空港の新津春子さん。テレビで見たことあるかもです。

「心を込めないと綺麗にできないんですね。心とは、自分の優しい気持ち。清掃をするものや使う人を思いやる気持ちです。心を込めればいろんなことも思いつくし、自分の気持ちの安らぎができると、人にも幸せを与えられると思うのね。」
本:『掃除は「ついで」にやりなさい!』より引用

心を込めるから綺麗になる → 優しい気持ちが大きくなる → 安らぎをプレゼントできる。

人生を極めてますね。

その②:迷いがなくなります。

なぜ「自分のため」なのか?
理由はシンプルです。

人生を切り刻んでいくと、それらは小さな毎日の積み重ね。
小さな毎日を過ごす、その空間で今も生きてます。

心疲れた状態であれば、なおのこと「嬉しいもの」や「役立つもの」が大事だと考えます。

空間を、心地よいエネルギー源とするモノたち。

それらは、今どこにありますか?
その生活で、すぐ手に取ることできますか?

「嬉しいもの」や「役立つもの」は、ちょろっと心がハッピーになります。ちょろっとした幸せ感、モノを使うと加速していきます。

そんな「使える状態にしてあげること」がポイント。
片付けが終わらない時の万能策です。

「でも、さらにモノが増えて散ることになるじゃん・・・」

確かに。。。けど、その空間をよく考えてみます。

ビフォー:「明らかにいらないモノなどが散乱してる空間」
アフター:「明らかに嬉しく役立つモノが散乱してる空間」

どちらが片付けやすいですか?
どちらが嬉しい空間ですか?
どちらに住みたいですか?

その③:収納目的の片付けは終わりがない

その片付け、綺麗に並べることが目的になってませんか?

先に収納を考えないほうがいいです。
綺麗にモノが詰まっていくだけです。

収納グッズを見ると、隙間なく綺麗に並べることがテーマです。
すきま空間がもったいないという並べ方。一見、効率も良い感じ。

それ、ぱぱっと取り出せます?
それ、ちゃっちゃと戻せます?

だいたい、使っていくうちに散ります。

散る理由。使いにくいから。

時が過ぎて、散ってるから片付けを考える。
ストレスを感じならがら、頑張って動く。
けなげに収納棚に詰めていく。

このループから、早めに脱却しましょ。
整理整頓はあとです。

  • X ・・・・・整理整頓のための片付け
  • O ・・・・・この人生のための片付け

解決「使わないモノは収納しない」です。
使わないモノはどうする? →捨てます。

■収納上手は使うモノがシンプル
■収納上手は置くだけ主義かもね
■しまおうとするから片付かない

ここらへん、どこかのタイミングで記事にまとめますね。
仕事でも同じことが言えます。目的を考えてない整理整頓は不要。

片付けを終わらせる解決策:生活動線を見直す

片付けを終わらせる解決策:生活動線を見直す
生活導線を考えると、時短と効率化と最適化が期待できます。
「嬉しいもの」や「役立つもの」にすっと手が届く生活をつくります。

  • ①導線が整えば時間短縮になります
  • ②導線外に散っているものが不要物です
  • ③片付けの終わりが見えるタイミングは?

①導線が整えば時間短縮になります

一筆書きですべてのコトが整う生活は、時間の節約になります。

生活導線に必要なモノを置いていきましょう。
収納や整理整頓は、あと。

気が向けばいつでもできます。
そんなの10分でできます。
今のままで心地良ければ、やらなくてもいいくらいです。

生活導線には、「嬉しいもの」や「役立つもの」を必ず置きます。
絵が好きならお絵かきセットなるグッズとか。
写真が好きなら、カメラはすぐ手に取れる場所に。

どれもインテリア扱い。見せる収納ですね。

こうイメージするだけでも生活に艶がでます。
好きなモノ、心躍るモノが、いつも使える状態。

そんなモノを中心に、生活用品を配置します。

・備蓄分はストック棚へ。
・使うモノは使う場所へ。
・ゴミの分類でゴミ箱へ。

探す時間、準備する時間、減りそうですね。

②導線外に散っているものが不要物です

とりあえず平日を中心に生活動線をつくります。
平日の理由。もっとも良く使うパターンだから。

生活動線を作っていくと、その導線上に邪魔なものが出てきます。

例えば、読みそうもない本や雑誌。微妙に残る化粧品?とか。
なんとかかんとか。なんなのこれとか。こんなのいらないとか。

これらが「不要物」です。
これらを整理整頓する時間はもったいない。

  • ビンや箱やら包装紙だったら、使い道を検討。
  • 中身が微妙に残っていたら、使い切るか検討。
  • 読み終えた雑誌やら本やら、どうするか検討。

そんな検討からの解決策です。

  • 基本的に、多すぎる分量はいらないものです。
  • 基本的に、中身が微妙に残るものは廃棄です。
  • 基本的に、紙類は写真をとって捨てましょう。

不要物に時間を割くのはもったいないです。

③片付けの終わりが見えるタイミングは?

片付けの終わりが見えるタイミングがあります。
それは理由もなく置いてある邪魔なモノが見えたとき。

邪魔なので撤去しましょう。

邪魔なものがなくなると、気分的に「片付け終了」となります。

あとの作業は簡単。
必要に応じてモノを再配備です。

「ここ」にあると、使いやすいんだよね。
「ここ」にあると、無くさないんだよね。

生活をしながら、そんな「ここ」を探り当てます。
最適化も完了です。

再配備での注意点があります。
それは、使いやすい ≠ 綺麗に収納
ノットイコール。使いやすいは人それぞれです。

僕は雑な性格です。
なので、整理整頓された空間を見ると「すごい」と感じます。
反面「これを維持する生活って、休めないな」と思います。

見えるところが整理整頓されて飾られてる。
見えないところは雑多で放置、思いもない。

見えるところだけ切り取って表現する。
その時だけ、その瞬間だけ、飾る。

インスタ映えする理由ですね。
賛成はしませんが、生活を維持するインスタントなコツであったりします。
インスタントはインスタントです。これを長く続けると後が大変です。

片付けの終わらないドツボ回避ポイント

片付けのドツボにはまらないポイント
片付けのドツボにはまらないポイントは1つ。
「これからサポートしてくれるモノを味方にして使い続ける」です。
そのためにも、以下の思考整理は必須。

  • ①どんな生き方をしていくか考える
  • ②視線を向ける先は過去より未来
  • ③片付けはメンテナンスと考える

①どんな生き方をしていくか考える

これからサポートしてくれるモノは、どんな生き方を目指すかによって変わります。

今、目の前にあるものは、これまでの生き方や思考で集まってきたモノです。

例えば、
「これからミニマリストになるんだもんね!」
そんな方向を決めたとします。

そうすると、これまで色違いで集めていたモノの9割方が不要となります。
ミニマリスト的には1個でいいからです。

②視線を向ける先は過去より未来

これからサポートしてくれるモノ、というのは、明日の自分をサポートするものです。

例えば、有効期限切れの免許証。
そこに写った姿を目標にダイエットするとかであれば、未来に向かった話なのでOK。
これからの目標が過去の容姿であれば、未来に向かって歩いてますね。

③片付けはメンテナンスと考える

メンテナンスは快適に使うコツです。

定期的に、チェックする。
壊れる前に、修繕する。

今日使った傘が、ちょこっと壊れてる。一滴の接着剤で治る程度。数分で終わるメンテです。

けど、部屋にあるもの全部、いろんな方面で。

そう考えると負担。

なので「まとめてやる」ではなく、「気がついたらやる」です。

片付けはメンテナンス。
お手入れと考えます。

靴のお手入れ = 靴磨き
棚のお手入れ = 使いやすく並べ替え

メンテナンスは、物理的なことではなくて、自分の動きも含まれます。

例えば、明日の準備。
遠足とか旅行であれば準備は納得です。
けども普通に明日の準備。
これ、ほとんどの人がやらないこと。

当日の朝に、そのときにやりますよね。

これを、明日のメンテナンスと考えてみます。
寝るとき、明日着る服を一式、枕元に置いておく。

例えば、肌のお手入れ。毎日、鏡を見てやりますよね。
未来に向けた動きが、メンテナンス。

結果として、全体が目指す方向にまとまっていきます。

まとめ:片付けが終わらないときは、”生き方”を考えてみよう

まとめ:片付けが終わらないときは、”生き方”を考えてみよう
記事のポイントをまとめます。

生き方を考えて、未来の自分をサポートするモノで生活動線をつくる。
そしてメンテナンス。

収納はあと!

【X】整理整頓のための片付け・・・・・効率が悪い
【O】やりたい人生のための片付け・・・効率がいい

生活で効率がいいと、嬉しいですよね。

  • 何のために片付けるのか考えると吉です。
  • 生活環境が効率よくなり時短と最適化ができます。
  • これからサポートしてくれるモノが味方です

この記事がなにかお役にたてば嬉しいです。

人気記事片付け業者をニーズ別でおすすめ→着目すべきは不用品です【体験談】

いつもありがとうございます。

コメントを残す