新型コロナウイルス感染症に対する個人防護具の適切な着脱方法

長崎大学の院内感染しないようにするための勉強会

長崎大学の病院関係者向け勉強会、40分ほどの動画です。

長崎大学病院 感染制御教育センター副センター長田代将人氏による講演です。著作権云々ありますが、時期的にバスったほうがいいと思いまして動画をキャプチャしてます。動画で全容を見ることできます。
  • そもそも新型コロナウイルス感染症とは?
  • どのように感染するのか?
  • 個人防護具の適切な着脱方法とは?

など、専門家がわかりやすく示したスライド中心の勉強会動画です。


この動画、特に参考になるのは、前半部分です。
以下にダイジェストで画面キャプチャとメモを貼ります


咳エチケットは必要です!

飛沫感染を防ぐための知恵。袖で飛沫を防ぐ。


流行時期はこれが重要です

マスクないときにはこれを徹底してください。


新型コロナウィルスはノドで増えます

ので、おしゃべりで飛び散ります。


マスクをしていると飛沫は飛び散らない

ので、相手にマスクをしてもらうのが効果的です。


コロナウィルスは液体がないと死滅します

なので飛沫に注意しましょう。


空気感染しない

水分がなくなるとコロナウィルスは死滅します。


飛沫感染する

外でも普通の会話で飛沫は飛び散るので感染します。


接触感染する

この飛沫が口や目に入ると感染します。接触感染と言われます。


マスクは安心ではない

マスク装着後のイメージを参考に→外側は触らないこと。


飛沫から目と鼻と口を守る

表面にびっしりと飛沫がついてるので触らないこと。


新型コロナウィルスの患者さんは?

共通の見た目では咳をしててダルそうでハアハアと息が荒い。


熱がなくても息が荒い人は要注意

普通の呼吸に比べて見てわかるくらい息が早い。


院内感染の防止策

手指の消毒と脱着時(脱ぐとき)に要注意。

これはマスクも同じ。外すときに要注意。

動画最中に出てくるゴミ箱を「バイオハザードボックス」と称するあたりが、現場から緊迫した空気と恐怖が伝わってきます。

医療関係者には潤沢に使って欲しいマスク、逼迫した需要になかなか追いつかず。
最近は手作りマスクでしのぐ人が増えてます。手作り布マスクの需要も高いまま。

なので、こんな記事を書いてみました。需要に応じると社会も経済も潤います。
コロナ派遣切りやフリーランスで困窮→「布マスク」ショップで再起する!
参考までにどうぞ。


いつもありがとうございます。

コメントを残す