⭕「好きなことを仕事にする」ための手順書【限りなく成功するコツ】

YUKAlog-「好きなことを仕事にする」ための手順書【限りなく成功するコツ】
いつか好きなことや得意なことを仕事にしたい!と思ってますよね?
→その考えは素晴らしい。ぜひ! ←何度か書いてますけど本当です!
 
この記事は「希望を具現化する」ための手順書です。

いつか仕事としてやりたい、を実現させると人生ってかなり充実します。

わかってるけどボーッとしてる。タイミングとかスキルレベルで悩む。

そんな「二の足を踏む」状態であれば、これは読む価値があります。

ポイントは「行動」です。とっとと「やったもん勝ち」です。

ちなみに僕はシステム部門に在籍してまして、
Web担当者がいなくなったのをきっかけに、準備もなく、
ただ単に好きだから「Web担当します」と宣言しました。

技術ないので当然四苦八苦。20サイトくらい制作。
数年間、なんだかんだとこの分野に没頭してきました。
いつしか「業者が納品したソースコードの検証をする」レベルになってました。
 
ということで、WebやWebアプリケーションなどの社内ポジショニングは確立してます。
 
この経験から「好きな分野で時間かけたらショボくても成長する」と判明。
さらに「マーケット感覚を身につけよう」という本にインスパイア受けまして、

この体験と考え方は誰かに教えなきゃだめじゃん!
と勝手に思ってます。

ここで言う「行動」するということは、
困ってる人に好きなことを提供し続けることです。

何を「行動」するか?というと、
自分が得意とすることで、かつ好きなことです。
(これから身につけるのも含んでいます)。

レベルは関係ない。
行動でいくらでもカバーできます(した)。

で、間違いなく結果はあとからついてきます(した)。
行動したらそんな実感を得られると思います。

前置きでした。以下に手順をまとめます。

僕は社内を相手にしてましたが、
ぜひとも市場を相手にしましょう!

さらに人生が楽しくなりますよ。
→市場から直接オファーが来ます。

「大好きなこと・自分の強み」を仕事にする手順【就活準備にもなるよ】

市場で実験しつつ就業すると良いです。
市場から得られる体験は強力な武器に変化します。
就活中でも、就業しても、フリーランスになっても使えますよ。

「大好きなこと・自分の強み」を仕事にする手順【就活準備にもなるよ】
記事のダイジェストです。

  • 市場で実験してから就業しよう
  • 実験のコツは「先人に学ぶ」姿勢
  • 発信を始めたらPDCAを高速にまわす

これら、地味に就活準備です。
面接で「生きた生々しい実体験」を語れますよ。

採用する側の社会人は、頭でっかちの行動量少ない学生を毎回相手にしてるので、
行動してきた学生の体験談をとにかく聞きたいのです。

社会人と同じように市場で戦ってる経験を聞くほうが面白いのです。
それを面接に来た学生が言い出すと・・・超好印象。

実際の体験談だから、話す側としては時間が足らないですよね。
採用面接でそれくらいの熱量で話されると、
採用側は黙っていられません。

「うち来ない?」

こんな一言までGetできるであろう要素を込めました。

好きなことを仕事にする!そんなときに知っておきたい予備知識

先程とは少し毛色が違う内容です。
けど、知っておくべき事実を淡々と書きました。
※令和のサラリーマンは少し変化してるかも。

就業後の既視感がないですよね。アルバイト経験はあるけど。。。

ここでは「就職して仕事するってこういうことです」をリアルに書きます。
リアルを見たうえで予防策を知っておくと、やりたいことへの近道です。
結論は「生活費を稼ぐのは何より大事」です。
つまらんと思うけど本当。

好きなことを仕事にする!そんなときに知っておきたい予備知識
記事のダイジェストです。

  • 就業とは他人時間を生きることです
  • けども就職すべき理由
就業する前の予備知識。
これらを事前に知っておくと気持ちが楽です。

長いことサラリーマンやってて感じることを書きました。

自分の時間は自分時間。何でも好きなことが出来ます。
けど、その自分の時間とスキルを売って生計をたてるのがサラリーマン。

他人時間にご奉仕です。

よく、意識高い系ビジネスマンとが言われますが、言葉違えど同じ。
結局のところ、他人時間にご奉仕する人種でしかないです。

で、何を考えるか?→「生の学び」です。

就職しないとダメだ、という時代でもありません。
ただ、就職するメリットは計り知れません。
 
そんな事実を淡々と書きました。

好きなことで仕事する→そのためにも市場に向けて発信を続けよう

就業したら、こころざし半ばで気持ちが折れるときあります。
そんなことは予定しつつ、我道を歩むための思考を書きました。
主訴は「市場に発信を続けて評価を受け続ける」です。

好きなことで仕事する→そのためにも市場に向けて発信を続けよう
記事のダイジェストです。

  • いろんな先人に学び続ける
  • 市場に発信を続けて評価を受ける(お見合い)
就業する前の予備知識。
これらを事前に知っておくと安心です。
 
長いことサラリーマンやってて気がついたことを書きました。

好きなことで仕事できる?→喜ばれるまで走り続けると大丈夫です

抽象的な表現となりますが、喜ばれるまで走り続けると大丈夫です。
ここでは、「いちばん大事なこと」について経験からまとめます。
結論は、どんなときでも「折れない・疲弊しない」ことです。
続けられる環境を考えておきましょう!

好きなことで仕事できる?→喜ばれるまで走り続けると大丈夫です
記事のダイジェストです。

  • 守破離を予定しておく
  • 同類スキルで疲弊しない
就業する前の予備知識。
これらを事前に知っておくと安心です。
 
長いことサラリーマンやってて見たままのことを書きました。

5好きなことと仕事は分けたほうが良いのだろうか?【混ぜるべき!】

好きなことと仕事は人生で分けたほうが良いのだろうか?

好きなこと VS 仕事

これって、分けたほうが良いと言われてきました。
そもそも同じになりにくい。難しい。

好きなことが仕事になってる人ってレアでした。

これからは、どうなんでしょう。
そもそも分ける必要ってないのでは?と感じます。

好きなことと仕事は分けたほうが良いのだろうか?【混ぜるべき!】
記事のダイジェストです。

  • 就業するメインテーマを考えてみる
  • 歯車も職種によっては「好きなこと」が生きます
  • 好きなことを仕事に取り込むと双方にメリットがあります

市場に向けて発信するならブログを持っておこう!

その理由を簡単に。

  • 蓄積すると資産になる
  • あなた自身のブランドページになる
  • 簡単なWebスキルもセットで学べる

蓄積すると資産になる

コンテンツのストック場所です。
日記のように積み上げておくと実績を表現するのが楽ですよ。

あなた自身のブランドページになる

フェイスブックやツイッター、インスタやってるなら良し。

ブログはおまけでやるといいよ、程度です。

NOTEなんかも良いですよね。

ただ、作品集や思いや表現ってのは自由にやりたいです。
ブログは自由度が高いのでオススメです。

マネタイズにも近道ですし。

簡単なWebスキルもセットで学べる

ブログは無料さがせばいくらでも出てきます。

だけど、投稿したその瞬間に所有権を譲渡することになります。
無料なので文句は言えないです。

自分のモノなのに所有してない。
年間で数百円からドメインって買えます。

さらにレンタルサーバーなんか申し込むと
ドメインなんておまけで付いてきます。

有料とはいえ、1年で1万円満たない感じです。

これやると、Web系のスキルも身につきますよ。

→Wordpressでブログたてると技術の学びになります
このあたりは個人的に「仕事になる」要素満載なので
ついオススメしてしまうのですが。

本当に、本を1冊読むだけでWordpress使いになれます。
これは驚きでしかないです。

▶ソシムの本でWordpressやるといいよ

人気記事
▶IT文系が未経験でもプログラミングスキルが習得できる方法
▶独学は簡単です。プログラミングは馴染みあるものを選択しておこう

いつもありがとうございます。