好きなことで仕事する→そのためにも市場に向けて発信を続けよう

YUKAlog-好きなことで仕事する→そのためにも市場に向けて発信を続けよう
いつか好きなことや得意なことを仕事にしたい!と思ってますよね?
→その考えは素晴らしい。ぜひ! ←5回目。

ここでは、「いつか仕事としてやりたい」ことを実現する方法を書きます。

それは「市場に発信を続けて評価を受け続ける」こと。

就業したら、こころざし半ばで気持ちが折れるときあります。
そんなことは予定しつつ、我道を歩むための方法です。

「いつか仕事としてやりたい」ことを実現する具体策。

長いことサラリーマンやってて気がついたことを書きました。

  • いろんな先人に学び続ける
  • 市場に発信を続けて評価を受ける(お見合い)

先に楽しい事例から。

身の回りにこんな人がいました

好きなことを市場へ発信してる人→楽しい努力例①

空間デザイナーが本職なのに、小さな観葉植物が好きすぎて、
コンクリートで植木鉢つくっちゃった人。

この作品、週末のたびに対面販売で売り歩いてるようです。

たまたま遭遇したこのリアルな行動。

あまりの衝撃で学びも大きかったので、
思わず買ってしまいました。

で、業務マシンの上に観葉植物として常設。

「マーケット感覚を忘れるなよ」のいましめと、
こういう人になろう、と心に決めた目標。

それ抜きでも、かっこいいですよね。
このデザイン。単なる植木鉢ですよ。

これが、数千円也。高いです。
けど、僕的にはめっちゃ価値があります。

空間デザイナーが観葉植物好きすぎて、
「うつわ」をデザインして仕事にしちゃったサイト。
https://lotusplus.net/

好きなことを市場へ発信してる人→楽しい努力例②

コンビニの案内掲示物をイラストで表現した人。

いらっしゃいませ!
トイレ綺麗に使ってくれてありがとう!

そんな手書きイラストを発信したことで、
「似顔絵を書いて欲しい」とお願いにやってくる。

発信することで小さな顧客をGetした
コンビニアルバイトさんがいます。

→謝礼が少なすぎた感あります。すいません・・・。

好きなことを市場へ発信するなら積んでおこう

この実例2つ、どれも実績ですね。小さな実績。
積もると山になります。

これを事実としてブログに書いておこう。
さらに「作品」ファイルを作っておこう。

実績とブログと作品ファイルをもって、
会社を「選ぶ立場」で面接に挑もう。

 
就職したら次を目指そう。

会社に副業制度がなければ転職だ!

実績をつんでスキル価値を高めよう!

ここに生涯年収を最大化する生き方が書かれてます。

『転職と副業のかけ算』生涯年収を最大化する生き方
口コミ:
・転職するたびに年収を爆上げ=自分を売るのが上手な方。
・最終的には会社経営。「転職×副業」で生計を立ててます。

自分のスキルと価値観を、欲しがるところに提供してあげる生き方。

この記事の主訴でもあります。

いろんな先人に学び続けよう

例えば「かわいいフリー素材集 いらすとや」を例に。
学ぶイメージをご案内します。

みたこと無い人はこちらを参考に。すごいサイトです。
かわいいフリー素材集 いらすとや

最近、いたるところで目にするイラスト(いらすとや謹製)

サイト名を知る人だけが検索して使ってるもの

教わった人は便利使いしたり自慢して紹介したりする

使い勝手良いのでどんどんアクセス集まる

どこで利用OKで無料です、の告知がある。

善良市民から良質なコンテンツとみなされる

イラストを使うときにはここ!
こうなると、、、

マネタイズが可能。

直接的なマネタイズ

サイトに「アクセス件数」あるので、
・広告つけると広告収入が入る
・こんな絵かけますか?の商売的相談も出てくる

間接的なマネタイズ

間接的にはこんなことも(実際ありえる)
・いらすと屋から転職→実績あり→企業は言い値採用。
・いらすと屋の素材集を出版しませんか?のオファー

採用側、出版社側は「金の卵を生み出すガチョウ」に見える。

個人でも大丈夫

こんな環境をつくれるのが、ブログやココナラ。

人様に役立つ、というのが大前提です。
※好きな世界観を語ってるだけでは難しい。

「人様に役立つ」ってなんだ?

望むものが提供されているかどうか?だけ。

イラストってどういう場面で使われるのかを考えると?
・伝えたいことのイメージサポート
・メッセージを優しくするため

読むものに添えるアイキャッチ。

これを前提に考えてみると、イラストで役立つとは

使う場面を想定して書かれたイラストで、
主張を表現してるもの。

※「いらすとや」には
悩んでる人物画像ってめっちゃ沢山あります。
老若男女も姿勢も状況もたくさん。

ここが「実際に使える・使えない」の分かれ目。

微妙に使えないんだよなー、と感じる絵とか写真とかってありますよね。
なのに、いらすとやは多くから選択できる!

しかもすべてに主張がある。
(控えめな印象で、万人が「俺様が上だな」と感じる雰囲気ばかり)

これ、イラスト配布サイトがたーくさんある中で
突き抜けてイラスト利用率が高い理由だったりします。

日常でちょこっと挿絵的に使われるイラストの提供、が趣旨の様子。

いらすとや、2次元でも3次元でもすごいです。
スーパーのポップとか掲示板にはられたイラストでよく見かけます。他にもアクセスを集めてるブログで挿絵利用されたり。この前はテレビ映像にも出てました。露出度がすごいです。

発信を続けて評価を受ける(お見合い)

YUKAlog-まとめ
「困ってる」ときに「良いモノ」を見つけると欲しくなります。
人材もモノもサービスも全部同じ。

今すぐ必要なものがネットにあったら、ポチりますよね。

このタイミングで収益ってのが発生。
お支払いからの利益。

「必要なときに知りうる情報の中でもっとも良い物を選んで」ポチる。

評価されたってやつです。
けども、良い悪いの評価ならまだ良いです。

そこに「存在しない」ものは選びようないので
評価すらできない。

その好きなことや得意なスキルは、
困っている人の選択肢になってますか?

っていうか、選ぶとこに存在してますか?

さりげなくアピールしておこう

市場で戦うことしなくても
こんな感じでグイグイいけちゃうのが昨今です。

ブログで好きを発信

ココナラで小さな実績づくり

これらを携えて就活!
 ※就活100社に履歴書提出とか、やめよう・・・。

就活は「声をかけてもらう」とマッチング度は高い。
 ※安売りスタイルではなくて「来て欲しいでしょ?」スタイル。

これを実現するためにも、好きなことを社会に露出させておこう
そして、「ピンポイント」でアタックしよう。
※採用募集は「お問い合わせ」に直接連絡すると印象が高まります。

あなたの会社のこの部分には私のスキルがあると良いです。
実績はこちらを御覧ください。とやる。

これくらい語れるように「相手調査」をしておくと、
リアルな面接でも具体的に戦えます。

で、入社したら次を目指そう。

会社に副業制度がなければ転職だ。
生涯年収を最大化する生き方=自分のスキルと価値観を欲しがるところに
提供してあげる生き方。

『転職と副業のかけ算』生涯年収を最大化する生き方
口コミ:
・転職するたびに年収を爆上げ=自分を売るのが上手な方。
・最終的には会社経営。「転職×副業」で生計を立ててます。

欲しがる、というのは相手がそのスキルを認知するところから始まります。
認知できないと、判断しようがないです。

コンビニの手書きイラストのように。
既出ですが。。。

この記事は以上です。

いつもありがとうございます。