コロナ派遣切りやフリーランスで困窮→「布マスク」ショップで再起する!


何をすれば生活費って稼げるの?
→→時期的にコロナ予防の布マスクに需要あり

【point】需要に応じると無理なく潤う
布マスクの需要ってあるのかな?売れるの?

そんな悩みを溶かす記事を書きます。

【解決策】手作りの布マスクは結果として需要がある
  • 「使い捨てマスクの流通」について調べてみました
  • 布マスクの作り方は動画で、販売はネットで。どれも無料。
  • 身近な素材で試作して無料ツール使えばOKです。

片付けで不要物となったモノを何かに転用できないかな・・・と考えていました。
今回は、社会貢献が臨時収入につながる「ハンドメイドの布マスク」をネットショップで売る!という内容です。※メルカリはダメです。
今年の2月上旬頃、これに気づいたフリーランスの友人は、すでに量産体制で売ってます。

そもそも布マスクなんか需要あるの?

そもそも布マスクなんか需要あるの?
その前に「使い捨てマスク」の現状について調べました

  • 使い捨てマスクはネットですぐに買えるのか?
  • 使い捨てマスクの在庫はどこ行った?
  • 「マスクの品切れ」が未だに続く理由は?

「使い捨てマスク」はネットですぐに買えるのか?

※以下に紹介する画面キャプチャは2020年4月18日現在のものです。

アマゾンにマスクという商品はない

いくら試してもマスクの交換フィルターやマスクケースという商品はヒットするけど、マスクはない。
検索機能のパーツ貼り付けておきます。リアルに動きます。アマゾンで「マスク」の文字で検索した結果です↓

楽天にはトンデモ値段のマスクがあるだけ

マスクが50万円って・・・。
楽天ではトンデモ値段のマスク

トンデモ値段以外の楽天ショップでは5/25以降の順次発送

順次発送・・・って、いつ届くの?
それ以外の楽天では5/25以降の入荷まち

LOHACOは商品の品切れ及び、出荷状況に関するお詫び告知の掲載中

あのLOHACOでさえ在庫確保できてない様子。
出荷状況に関するお詫び告知

職場でよく使う「たのめーる」はマスクの入荷見込み立たず

文具関係のサイトなので、あるかな、と思ったのですが、壊滅状態・・・。
たのめーるはマスクの入荷見込み立たず
たのめーるはマスクの入荷見込み立たず2

同じく職場で大活躍の「アスクル」はマスクのお取り扱い終了

同じく、文具関係の大手サイト。そもそも「お取り扱い終了」とのこと。
アスクルはマスクのお取り扱い終了

使い捨てマスクの在庫はどこに行った?

国内でマスクを増産するとか、新規参入する電気メーカーとか、中国からのマスク流入が増えるとか、ホットなニュースがたくさんありました。あれから数週間経過してますけど、使い捨てマスクがお店で売られている光景を見たことないです。

マスクの物流について、わかりやすい図解を東洋経済ONLINEからいただいてきました。
流通量を縦軸で、時間経過を横軸で示したものです。
使い捨てマスクの在庫はどこ行った?
この図からすると、マスクを普通に買えるタイミングは
「優先順位が高いところ」のストックが満たされた後です。

優先順位が高いところのストックが満たされる順番です。
医療関係在庫→家庭内在庫→店頭在庫→店頭で買える時期。

「あ、マスク買おう!」と、普通にお店でマスクを買うことができるのは、
日本国中の家庭が、安心できる分量のマスクをストックした後。

きっと数年後です。

「マスクの品切れ」が延々と続いている根本理由
”店頭にいつでもマスクが置いてある風景”は、「店頭在庫」が十分にあるということを意味する。この図では、増産・供給すれどもすれども店頭在庫が高まるにはかなりの時間がかかることを示している。なぜなら、一般的な需要に、不安感からくる買いだめ需要が長い期間にわたって上乗せされると考えられるからだ(東洋経済ONLINEより一部抜粋)。

数年先もマスクの需要はあるのだろうか?

全国に緊急事態宣言が発令されましたので、マスクの需要は拡大中です。

って、コロナ対策はいつまで続くの?

こんな記事があります。
新型コロナの流行「2022年まで続く可能性」米研究者
これによれば「コロナ流行は2022年まで続く可能性がある」とのこと。

もはや東京オリンピックの延期どころではありません。
もし本当になったら延期の延期です。

最近の中国は「コロナに勝った」とのこと。
勝利した中国人民の大移動がニュースになっていました。
どう考えても、第二弾のパンデミックになる様相です。

仮にそうなれば中国の国内消費が優先されること間違いなしです。
中国産の安いマスクは全世界が狙ってたりします。

「マスクの品切れ」が延々と続いている根本理由

けどもさ、布マスクはそもそも需要ってあるの?
マスク増産されるんでしょ?この疑問にお答えします。

周りを見渡せば、マスクをつけている人が普段の10倍以上。今の需要自体が、平常時の10~30倍。ここに家庭内在庫が上乗せされれば、30~60倍に需要が跳ね上がることも考えられる。多少の増産では爆発的な需要増に追いつけない。

とのこと。
そらそうです。花粉症以外の人も毎日マスクしてます。
1億の日本国民が毎日マスクつけたら、1日で1億枚が消費されます。
それに加えて、買いだめがある。平常時の数十倍の需要があるのは間違いではないです。

今回の新型コロナウイルスは多くの場合、飛沫感染。その意味ではガーゼマスクも感染拡大予防に有効な手段だ。手作りを含めてガーゼマスクを繰り返し洗濯しながら積極的に活用することも重要であることを書き添えたい。
「マスクの品切れ」が延々と続いている根本理由

以上の2点は東洋経済ONLINEより抜粋

これを読む限り、「準予防」策です。布マスクで口をおおっている人が最近増えてますが、そういう理由ですね。

とにかく、緊急事態宣言を受けた日本全土で、マスクの需要が莫大すぎます。
使い捨てマスクは医療現場が優先。

使い捨てマスクを買えないときの布マスクの需要は高いです。

なので、片付けで不要となった洋服でマスクを試作して使ってみる。
良さげであれば素材を仕入れて制作販売すると良い時期となります。

どうやって作るの?売っていいの?

どうやって作るの?売っていいの?
布マスクは手作りできます。そしてメルカリではもう売れませんが、売れます。
作り方は動画で。販売はネットショップで。どれも無料。

  • YouTubeで「マスクの作り方」で検索する
  • 制作に慣れたら商品化してみる
  • 最後にネット販売を検討

YouTubeで「マスクの作り方」で検索する

YouTubeで「マスクの作り方」で検索すると多くヒットします。

自己防衛、自分で使うものから手作りスタートです。
片付けで不要となった洋服を切り刻んでマスクを作ってみましょう。
特徴的なものを適当に選んでみました。

一体型

立体型

フィルター型

制作に慣れたら商品化してみる

片付けで不要となった洋服の生地を使って動画のとおり作ってみます。
自分用、かつ試作、かつ練習です。
いろいろ作っているうちに、ベストな素材と方法を発見したら、素材の仕入れを検討です。

マスクの素材はいろいろ

・厚手クッキングペーパー


・ダイソー不織布

使い捨てタイプのマスクを考えるとこうなりますよね。
(自作の使い捨てマスクは売れるのかな???)

ネットショップを見ると、布マスク。この値段はアリだなと感じます。
個人のお店。
ちょっとカッコいいですよね。生地。普通に。

こういう生地は専門店にしかなさそうなので、買い求めるには外出となりますが、この時期は・・・。

生地の仕入れを教えてもらいました。「東京の西日暮里の生地問屋郡の専門サイト」が宅配してくれる様子。
生地問屋サイト(http://tex-mall.jp/)

こちらの「消臭」とか「抗菌+制菌」のキーワードが時期に良いとのこと。見ると1メートルの少数ロットから買えますね。

狙うは「一体型」マスク制作&販売

その理由は以下。

  • 成形の手間が少ない
  • パーツが少ない
  • 型紙が配布されている

あと、ユザワヤの動画は一体型の布マスクの型紙をダウンロードできます。

見た目やデザインで値段はかわる

何でも見た目やデザインで値段は大きく変化します。

例えば、先日ネットで買った布マスクです。
こんなふうにビニール袋に10枚入りで売ってました。
なので、1枚あたり300円也。

小袋に入っていたので、身近な人におすそ分けした残りですが、こんな感じです。
清潔感ありますね。

先日ネットで買った布マスク

消費者として、普通に「有り難いな」と感じた値段です。
素材もいいし。つけ心地も良し。

きっと「生地」にこだわると単価がUPするのだと思います。
例えば色味、そして「抗菌+制菌」などの生地の機能云々。

結局のところ布マスクなのでコロナには勝てませんけど・・・。

だけど、世間の需要は「マスクをしてる」という安心材料を求めています。
今の時期、マスクしてない人に遭遇したらギョッとしますから。

使い捨てマスクの潤沢な市場供給は、まだまだまだ先。

布マスクの販売の価格帯目安はこちらの記事が参考になりそうです。
ナマハゲのマスク

最後にネット販売を検討

布マスクといえど、メルカリやオークションでの販売は駄目です。
「メルカリ 布マスクも出品禁止に」なりました。4月14日現在。
NHK NEWS WEB(首都圏 NEWS WEB)メルカリ 布マスクも出品禁止に

ヤフーのオークションサイト、楽天のフリマアプリの「ラクマ」も駄目になります。

ここまで読んで「なんだよ!」となりますけど、、、。
けど、自分のお店「ネットショップ」を持てば、こんなの関係ないです。

未知の分野には投資できないよ

未知の分野には投資できないよ
サイト制作に投資しなくて大丈夫。ネットショップは無料で作れます。
なので、身近な素材で試作して無料ツール使えば解決!となります。

  • ネットのお店を無料でつくる方法
  • 自分用から作っておすそ分けするイメージ
  • 視点をずらしてみると道がひらける

ネットのお店を無料でつくる方法

楽天に高いお金だして出店しなくても、ネットショップは無料で出店できるサービスがあります。

例えばここ。無料のショップツールで作ったアパレルブランド?のお店
個人のお店。

なんでも売れます。価格は自由に設定できます。アプリ内の比較競争もありません。

そしてこちらも個人のお店。布マスク屋さん。不思議な売り方してますね。
布マスク屋さん。

この方々が利用してるのが、無料のネットショップツールの
BASE(BASE株式会社)(https://thebase.in/)
です。

他にも「GMO」がやってるオンラインマーケット(友人が利用中)。
minne(GMOペパボ株式会社)(https://minne.com/)
があります。

これら2つとも複雑なプランはなくて全部無料で使えるネットショップです。
買い物かごから決済から、なんでんかんでん全部あります。

PDFや音声データなどのデジタルコンテンツまで売れる様子・・・。
クレカ決済サービスまで無料で使える時代になりました。

ショップの開設と運用は無料。
売れたら販売手数料が抜かれていく仕組みです。

全部無料なので、思考停止してポチりましょう。早ければ早いほど吉です。

自分用から作っておすそ分けするイメージ

もう一度整理します。

片付けで不要となった「捨てる洋服の生地」で「自分用の布マスク」を手作り。
試作の意味でも自分用から。そして良ければ販売。

その手順まとめです。

  • ①.片付けで不要と判断した洋服を「マスク化」してみる。
  • ②.自分や家族で使ってみる。使ってみて良かったら次へ。
  • ③.マスク生地となる素材を購入して手作りマスクを量産。
  • ④.物販サイトで(ハンドメイド)カテゴリでネット販売。

先見の明がある主婦の方は、すでにメルカリやオークションで販売中。めちゃくちゃたくさんあります。
※今はもうメルカリやオークションはダメですけど。

「ハンドメイドのネットショップ」開店!

布マスクは、よくよく考えると三方良しなのです。

自分に良し:片付けして不要となった洋服の再利用ができる。→自分用。
相手に良し:すぐにマスクを必要とする人にとって有り難い。→販売用。
社会に良し:緊急事態宣言で全国的にマスク需要が莫大すぎ。→収益!

素敵な手作りマスクを作ってネットで売ろう!今すぐ。

ウーバーイーツでは1回300円くらいの報酬があるようです。

原価3割と言います。
もし材料で300円かかったら、それは1000円以上の価値があります。

既出ですが、これがネットで買ったマスク。
同じ成形で1枚あたり300円くらいです。結構いいです。
先日アマゾンで買ったマスク

シンプルです。

視点をずらしてみると道がひらける

最後に、これからの生き方を模索してみます。
参考程度にご一読ください。

フリーランスの現状

2020年4月16日(木)のNHKクローズアップ現代
「新型コロナ フリーランスをどう守るのか」

番組の概要は、フリーランスとして働く人たちが追い詰められている現状を淡々と映像化したものです。
コロナの影響で経済的に厳しい現実があります。

政府に支援を求める声もあがっていますが、時間がかかりそうです。

ピコ太郎さんに学ぶ

つらつらネット見ていると、ピコ太郎さんの手洗い動画を発見しました。


PPAP-2020-/PIKOTARO(ピコ太郎) 7,807,790 回視聴(20200418,15:00現在)

世界のピコ太郎となった古坂大魔王さんについて、
以前、クリームシチューさんが言ってました。

とても面白いのに、なぜかテレビの仕事が入ってこない。個性が強烈すぎてテレビ運営側にそっぽを向かれてた。

そんな中、大魔王さんはユーチューブ動画を学び続けました。
再生回数が多い動画の共通点を見出したそう。それが以下。
・繰り返し聞ける音楽であること。
・3分程度の動画であること。
・子どもが真似できること。
・コストをかけないこと。
・共通言語であること(音楽・言葉・イメージ)

で、自宅にあるものを使って、自分の友人に声かけて、動画を作成。

その結果は、ご存知のとおり。ピコ太郎の誕生。

あざやかなバスらせの仕掛けもあり、その余波を受けたジャスティンのおかげ?で一気に
ブレイク。世界中をかけめぐるピコ太郎となりました。狙って作られた動画の成果です。

そして今回は「手洗いの注意喚起」に便乗した様子(失礼)。

「想像させる踊り」という仕組みと楽曲を転用した作品。
そこにはペンもリンゴもソープもない。想像させる踊りがあるだけ。

世界のピコ太郎となった古坂大魔王さん、今回も天才すぎです。

「家にいよう。みんなのために。」の時間で何ができるかな・・・。
経済的に辛いときは、どんな方法で解決できるのかな。
時間あるので、掃除や片付け、そろそろ飽きた感じ。

市場は深刻な「マスク」不足。。。
検索トレンドはマスクうなぎのぼりです。

今、自分でできること。
家庭経済と社会に少しでも恩恵がある動きをすること。

ピコ太郎さんのように一生懸命に手作りした作品が社会貢献になって自分も潤えば嬉しいですよね。

この記事は以上です。

いつもありがとうございます。