モテない人の傾向が分かります【男女共にモテる方法を発見】

YUKAlog-モテない人の傾向が分かります【男女共にモテる方法を発見】

「水商売ってのは基本的にモテない人をターゲットにしてモテない人から搾取する商売なので、モテない人の傾向が分かります」

この記事はプログラミングスクール「ウェブカツ」に所属してる部員さんブログをサーフィンしてる途中に出会ったものです。

プログラミングでアウトプットを義務化してる「ウェブカツ」を選んだ部員ならではの眼力が感じられる記事、すごい洞察力。

人生における重要な特徴が見えたので、自分のための引用メモです。

プログラミングスクール「ウェブカツ」で年収1千万を目指してる
「キャバ嬢エンジニアの非モテ特徴まとめ」です↓

水商売やってて気づいたモテない男と女の特徴

キャバ嬢ITエンジニアのお金の稼ぎ方サイトの画面キャプチャ

「水商売ってのは基本的にモテない人をターゲットにしてモテない人から搾取する商売なので、モテない人の傾向が分かります」

っていうお話し。

ポイント。

モテない人の特徴と理由を一言でばっさり。

相手に求めてばかり(TAKEの人)だから。  ←ですです!

辛辣だけど的確。。。なるほど〜。

この記事の結論として、

「万人にモテようとしているわけではないが、努力して自分を磨いたり好きなことを目一杯楽しむために体力をつけたりなどなど日々目標に向かっている人」

がモテるようで、

「自分がいろんな人に求められるほど収入は上がり、収入が上がることで自分の家族や大切な人を守ることができるし、何より自分に自信がつくので人生が豊かになります。」

とのこと。

これって正のスパイラルですね。
近いところでは彼氏彼女のこじれがちな男女関係が整いそうです。

「コツコツ歩むとき」の指標になったりします。

方法論的にいえば、、、
→モテるかどうかでDOの判断(笑)。

GIVEをしてる人・TAKEをしてる人

GIVEとかTAKEとかって、受け手の感覚です。
生まれつきの容姿だけでGIVEにもなるしTAKEにもなる。

見た目の良し悪し、というやつです。

これって、努力したらなんとかなる部分も含まれますよね。

身だしなみにも言えることだし、
自分の肉体保持にも言えること。

だらしないっていうのはTAKEなんですね。
→ここ自戒ポイントです。

生まれつきGIVEできる人が存在している

たとえば、イケメンはすでに端正な顔立ちなので、GIVEしてる。
女性も同じく。

ビジュアル良ければ「存在してるだけでGIVEしてる」。
女性でも男性でもGIVEする人。そんな論調に同感。

顔面偏差値が高い人ですね。
かわいい綺麗の暴力(笑)。

見た目ですでにGIVEしてる。
※ここで言うのは表面のお話し。

上っ面だけかよ、、、中身でしょ!
って、疑問を感じますよね。

見た目じゃなくて中身でしょ?という人に向けて

恋愛とかでもそうですが、なんか嫌だなー、と感じる瞬間ってありますよね。

そんなとき、以前の僕は勇敢に立ち向かっていきましたが、
社会人が長くなった今は思考停止して相手のペースにまかせてます。

なんでか? そのほうが負担感なくてメリット多かったから。

こんな特徴の人によく遭遇しませんか?

話し始めると・・・。

求めてばっかり。
文句とか。

わかってほしい
気がついてほしい
聞いてほしい

あいつのせい。

これ、TAKEですね。
欲しい欲しい、のオンパレード。
私を分かってください、的な。

逆にGIVEを考えると
褒めるとか。

わかってあげる
気づいてあげる
聞いてくれる

あなたのおかげで。

これ、GIVEですね。
あげるあげるあげる、のオンパレード。
あなたを包みます的な、まあるい印象。

どっちに立つのかは、自分できめること

どっちに立つのか簡単に選択できます。

自由選択。

しかも一瞬で変化できます。

心って2つの両極思考を同時進行するのが苦手です。
ここで言えば「欲しがる・与える」の2つ。

欲しい欲しいになると、、、

ほんとに私のこと分かってない!(っていう思考)

が心に広がっていきます。

で、怒りと妬み嫉みとか。
最終的には「私は正しい→あなたは間違い」となる。

手を変え品を変えて表現する発展系・・・。
餓鬼道の始まりですね。

逆にGIVEが心の中に広がる、
そんな心理状態ってどういうときなのでしょう。

与えると考えてないのに与えてる

個人的な経験から、
自己責任で歩いてるときに他人と関わるときの感情にとてもよく似てると感じます。

・目標に向かって歩く
・結構な努力をしてる
※例えば実家の片付けとか

その道中は試行錯誤。未踏の地。

コーチングしてくれる人っていないかな・・・とか考える。
モヤモヤの原因はだいたい自分にあるので、苦しむことも多くてつまづくことも多い。

あーあ、自分って・・・ってやつ。
仕事もそう。

だけど、このおかげで人の痛みを感じる幅ができる。

で似たような人を見ると応援したくなる。
「大丈夫! そこから早く抜けて!」

と、過去の自分を感じて、言葉を選びながら。

迂回生産な応援、そんな遠慮がちな配慮。
→自分の経験が人に役立つ瞬間。

こんな状態のとき、出会う人はみんないい人に感じます。
めっちゃいいひと。ありがたいな、とか。

人を応援してるのに自分が癒やされてる感じ。

これって、GIVEだったんですね。

だけど見た目がいちばん大事だと思います

『人は見た目が9割』とかいう本にも書いてあるとおり、
相手の勝手なインスピレーションで第一印象が決まります。

これ間違ってなくて、内面は表面化します。

なんかグチグチと他人の欠点を指摘できる人って、、、

あんまりいい顔じゃないです。
表情とか、顔ツヤとか背格好とか。

ここは努力したら変えられるところ。

身だしなみとか発言する内容とか。
努力したら変えられます。

内面から出るものは変えられる。

努力姿勢があれば人が求めてきます

努力してると、それが人様に役立つときって出てきます。
※そんなときがくるのが楽しみです。

「万人にモテようとしているわけではないが、努力して自分を磨いたり好きなことを目一杯楽しむために体力をつけたりなどなど日々目標に向かっている」

少しの努力で変えられるところから攻略し続けると、
人生こんな感じになるのでしょうね。

「自分がいろんな人に求められるほど収入は上がり、収入が上がることで自分の家族や大切な人を守ることができるし、何より自分に自信がつくので人生が豊かになります。」

正のスパイラルですね。

早起きして努力してる手前、これは嬉しい情報でした。

行動は続けるべき、ですね。

フレーズを引用させていただきましたが、良質な記事を書く人って、
地に足をつけて学んでる印象。どの記事も熱量が伝わってきます。

水商売やってて気づいたモテない男と女の特徴

キャバ嬢しながらプログラミング学習中。目指せ一千万円。
目的が定数化されてて素晴らしい(というか到達すると思う)。

▶プログラミングスクール「ウェブカツ」の部員さんでした。
このプログラミングスクールは無料で仮入部できます。

この記事は以上です。

いつもありがとうございます。