自彊術で体調不良は改善するか?の週間日記、第3弾。

【月曜日の自彊術から一週間の経緯】

3回目の教室に行きました。忘れぬうちに状況を書きます。

左目の奥が痛い。

水曜日あたりから、目の奥が痛くなりました。
偏頭痛に悩まされる前のフェーズで起きていた現象です。
我慢できない状態ではありません。が気になったのでメモ。

嬉しいことに、2日ごとの偏頭痛、出ていません。

この体調不良はステップがありまして、この順で発生してます。
以下になればなるほど、その不良部分が累積します。

(昔)
⬇️ 肩こり
⬇️ 目が乾燥
⬇️ 光がまぶしい(老化?)
⬇️ 左目の奥が痛い(パソコン長時間のとき)
⬇️ 左目の奥が痛い(パソコン使ったとき)
⬇️ 虚脱感と寝た気がしない睡眠
⬇️ 偏頭痛(1ヶ月に数回)
⬇️ 偏頭痛(週イチ)
⬇️ 偏頭痛(1週間に数回)
⬇️ 偏頭痛(2日に一度)
⬇️ 偏頭痛(寝ているときも)
(今)

細かいことは覚えてないですが、10年の変化です。
そして、累積なので、最終は複数の痛みというか、全部が覆いかぶさってきます。

複数の不良があると、その中で最も困る部分が、体調不良の主訴。

今回、目の奥が痛い、となっています。
偏頭痛は解消されつつあります。

思うに、自彊術の動きで、不良が逆走してると感じます。

主訴部分から解消されていく。

なにやら不思議なのですが、偏頭痛の前の状態に戻りつつある感覚です。

薬は木曜日に飲む。

今のところ教室でガチで体操する、以外はやっていません。

なので自彊術の効果は、今のところ、3日が限界の印象です。
4日目、木曜日あたりから、雲行きが怪しくなります。
金曜日は絶対に偏頭痛があります。

なので、偏頭痛に処方された薬を木曜日に飲むことにしました。

なんだかんだと薬に頼るわけです。

が、薬に頼る回数が激減です。

3週間前は、薬を飲んで睡眠に入る習慣。

これが、週イチになっています。

今日は金曜日なので、週末にどうなるか、です。

【自彊術の説明ーー動きが大事】

これら、最初の動きです。首や肩に効く動き。3つ。
簡単に見えて、ちょっとしたポイントがある動きです。

肩を上に引き上げる。ということではありません。
左右の腕を脇腹につけて、腕で脇腹を引き上げるというものです。

3回目にして「効果出すにはここがポイント」と指摘いただきました。

肩だけを動かすのと異なり、背筋から伸びる印象です。
すべての動作を的確にすると効果も高まる。

そう教えてもらいまして、個人レッスン的な時間が10分ほど。

この効果?かもしれませんが、夜寝るとき、両方の肩甲骨が布団に当たる感触がありました。

あり?なんか、布団と背中に空間がある。そういう印象です。

だから何?という感じではありますが、触感が違ったのでメモです。
何かしらの効果に期待です。

自彊術、やはり理由があっての動き。明らかに体に変化が起きてます。
それも「積んでいく感」の変化です。

来週の月曜日は旗日なので、教室はお休み。

覚えている範囲で、タバコ吸うとき、ちょこちょこ動かしてみます。

【トピック】

無料体験を2回した経験で、体調が良くなりそう、と思ったので入会しました。

入会金3000円。1授業あたり単価750円とのことで、1回分のお支払い。
合計3750円。お小遣いで大丈夫です。

これまで2回の無料体験しました。今回で累計3回目の体操です。
お月謝(古っ)は、1回750円の回数分。毎月3000円以内です。

街の整体に行くと、どれだけ安くても60分3000円。
自彊術1ヶ月分のお値段。

自分で自分を治療する体操、自彊術はコスパいいと感じてます(今のところ)。

いつもありがとうございます。

コメントを残す