ミニマリストになりたい主婦はミニマリストになりきるべき!

YUKAlog-ミニマリストになりたい主婦はミニマリストになりきるべき!

「大掃除のタイミングでミニマリストの完成」リバウンドなし。
忙しい主婦には最高の方法。ミニマリストな思想と方法です。

ミニマリストな生活にワンステップでたどり着ける唯一な方法を書きました。

断捨離とか手放すとかミニマリストの定義とか、
いろいろ考えすぎて手が動かない・・・。

いらない物を手放して、必要なものだけで暮らす
そんなの分かってる。けど必要なものがよくわからない。

そもそも全部必要だからここにあるわけで・・・。

「余計な物を手放すと、暮らしの質があがり、心豊かに暮らせる」
とか言いますけどね、実際、それらのモノ全部が動いてるのです。
なんか使ってるのです。毎日。

だから、いらない物を減らして、自分が望む暮らしをすることの
意味がよくわからない。だって、全部いるもの、使ってるものだから。

そんな感じになりませんか?

で、断捨離の本とか読む。
ブログをこうやって読んでる。

結局は意識の問題になりますよね。
断捨離するかしないかの、初動を決める意識。

やる気があるけど、やれない。
断捨離したらいいとわかってるけど、すてられない。

そんなジレンマを持ったまま、ミニマリストになれます。
そーゆーテクニックを以下に書きました。

見た目や環境を先につくると、その環境を維持したくなって、
だんだん自身の中身が変化していきますよ。

そうだよね!と共感いただけたら、以下をお読みください。

もしそう感じなければ、次の文だけ読んで、数分程度考えてみてください。
きっと「今の状態は不本意であるのでなんとかしよう」と決意できます。

雑誌やテレビでの演出技術です

生活が困窮している様を演出するには
→「居住空間に隙間をなくすようにモノを散乱・配置させる」

生活が裕福でゆとりある雰囲気を演出するには
→「居住空間は引っ越したばかりのように隙間だらけにする」

※そう言われてますので事実とは異なると思いますが映像的にはそうなります

前置き長くなりましたけど、もし共感していただけたら、以下もどうぞ。

先にネタバレ。この記事で言いたいことは一つです。
いらないモノを見えなくして、自分が望む暮らしをする。
使ってないモノは一箇所に突っ込む。使うときに出してくる。

これを続けると、本当にミニマリストになります。
僕がそうでした。

・いつか使える→ 実は使えません
・物が多すぎて→ 少なくするだけ
・買うと増える→ 定員があります

先にカタチだけでもミニマリストになりきると良いです。
使ってないものは全部まるっと一箇所にまとめる。
すると、本当にミニマリストになります。

それら理由など説明していきますね。

掃除しようと思ったのに、先に片付けかぁ。散乱すぎ。面倒くさっ、って、なくした水筒発見。こんなとこに置いたっけ???

こーゆー光景はすぐに解決できます。

掃除と片付けと仕組みづくりと最適化が好きです。
職場では「環境が整う」よう、いつもちょこちょこと何かをやってます。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
片付け以前

大掃除をキックにミニマリストになりたい

方法はいたってシンプルです。

普段使っていないもの一箇所にまとめてしまうこと。

使わないものを、押し入れなどに投入。
何も考えず投入。とにかく投入。

見えないところにあるものは、使わないもの。
見えるところにあるものは、使うもの。

これでミニマリストの生活空間が完成です。

使うと分かったときに、たんすから引っ張り出す。
捨てないので安心です。

イメージしづらいので、iPadの画面整理を参考に。

今、部屋がこんな感じでとっ散らかってるとします。

いるアプリといらないアプリが混在してて、広範囲にある状態。キャプチャ画面2つ。
ipad の画面1

ipad の画面2

それを、ぜんぶひとつにまとめます。イメージはこんな感じです。

理由があって使うもの以外は「ぜんぶ」にまとめます。

とにかく、捨てることはしません。
だんだん「なにこれ?こんなのあった?」となるモノが見えてきます。

それが捨てて良いモノです。

ミニマリストになりたいなら知るべきコツ

ミニマリスト生活を続けるために知るべきこと
シンプルな空間の雰囲気づくりは、気合いでなんとかなります。

いらないー、と思ったものを全部まるっと隠せばOK。
それと、見えるものは有名ミニマリストなんかを真似したらOK。

ミニマリストと言われるシンプル空間の完成です。
けども、数日すると、元に戻ってたりします。

一体なぜ??

それは、日常生活に溶かす仕組みが発動してないから。

ミニマリストの日常は仕組みやルールとか満載です

ミニマリストは、日常生活にいくつもルールを仕込んでます。

その一つが「モノの定位置=居場所」を決めていること。
モノの居場所が決まるまでは、何度も何度も試行錯誤します。

そして、「ここ」と決めたら、必ず守る。
モノを使った後は、必ず居場所に戻してあげてます。

例えば、いつも使うタンブラー水筒。
工夫した結果、水筒の「おうち」は「かばんの中」だったりします。

ミニマリストは、モノが少ない、だけではないです。
モノを使って戻すたびに、今以上に心地よいモノの居場所の探究もやってます。
飽きることなく、無限ループです。

なので、結果として空白の多いシンプル空間が継続します。

日常が片付け。モノの存在価値を認めて感謝してる

使ったものを、おうちに返してあげる。
これがミニマリストの日常です。

片付けが日常に溶けています。

使うときに、モノの存在価値にふれる。
使うとき、ありがたいな、と感じる。

そして使い終わったら、おうちに返す。
今日もサンキュー。そんな心を添えてたりします。

「使いたいのに、どこにいったかわかんない!」
これで困るのは自分です。
が、
使われる側のモノも
「役立つ瞬間に立ち会えず、申し訳ないっ・・・」
と感じていたりします。

テキトーに投げた水筒。翌日「どこいった?」となる。
「急いでるのに、どこ行ったー!出てこーい!」
水筒に無茶ぶり。水筒はどこも行きません。隠れません。

探す時間ないから「もーいーや」で終わる。
結果、
 水筒を買い足す。
 水筒を発見する。
 水筒が1つ増える。

いつもと違うところにポイしただけで、ミニマリスト生活が崩れ始めます。
使うモノへの感謝は大事。家族へ強要する前に、自分からやる、です。

その善なる行動は、時間とともに伝播します。
いつしか目くじら立てる必要がなくなります。

使って戻した結果、本当に使うモノがわかる

「使った」ということは、モノが手助けをした証拠です。
歩む人生を全力でサポートしてくれています。

「使って戻す」をしばらく続けると、

あー、これ、よく使うよなー。ないと困るやつだなー。
あー、これ、いつか使えるなと思ってたけど、使ってないやつだなー。

当たり前ですが、こんなことが、自然にわかってきます。
絶対に必要なもの。感覚が判断しはじめます。

いる/いらない の判断ができた。

では、どう前進するか?
経験からなのですが、今のところベストな方法はこれ一択。

とにかく、捨てない。

使わないものを一つの場所に丸ごと全部なんでも投入しておく。
捨てるときは「100%いらない!」と思ったときだけ。

ときめかないものをとっとと捨てる、という類が推奨されてます。
けど、「捨てるまでの時間」があると後悔は激減します。
→捨てるモノの取捨選択を短時間でやるのは無理がありますよ。

【注意】捨てる、と考えるだけで感情や教育的効果が反論してきます。
これの対応にはとても時間がかかりますので、捨てる行為は後回しです。
この件については、またあとで記事を書くことにします。

見た目からミニマリストになるための行動例

洋服を制服化しちゃいます。シンプルに。

イメージはリゾートホテルですね。
スタッフはいつも同じ格好。清潔感と安心感と開放感があります。

生活をまるっとホテルのようにする、がミニマリスト化のイメージ。
※バックヤードにはいろいろあるけど、表面には一切出さない!

例えば絶対的に気に入っている洋服を制服化する。
着ないものは絶対に露出させない

たとえば、
・使うかどうか迷うもの、
・20年以上昔の高級ブランド品、
・思い出の洋服、理由がある品、
・未開封の買い溜め品、

「着てないもの・使ってないもの」はまるっと一つの場所へ投入です。
ダンボールや衣装ケースなどに、何も考えず投入です。

で、使う場面になったら、そこから拾い出して
①居場所を作る、②使う、です。

「捨てる」はいつでもできます。

【注意】やりすぎるとTPOがなくなってきます。礼節は大事。
冠婚葬祭用の礼服を捨てるのは禁止。

ミニマリストになりたいときに学ぶテクニックは3つ

それは整理&整頓&躾です。

  • その1:毎日片付ける(整理)
  • その2:すぐ使えるようにする(整頓)
  • その3:ゴミは捨てること(躾)

その1:毎日片付ける(整理)

人が動くと、散らかります。なので後片付けは必須。
ちょこちょこやると、スッキリ!

おまけに、モノを探す時間は限りなくゼロとなります。

ごくまれに、モノから声がかかるときがあります。
「おーい、ここにいるんだけどー、なんとかしてー」と。
これ本当です。視線を感じるその先に、ポツンといます。

モノをテキトーに放置しておくと、散った上で生活することになります。
時間の経過とともに、だんだん空間がなくなっていき、あいた隙間に入れはじめます。

ひとり生活なら、「置いた位置」を覚えることで、解決しそうです。
けど、家族など複数人と生活を共にすると、モノは必ず無くなります。

ミニマリストは自分が決めたルールを守って生活します。
生活が片付けなので、整理整頓は極めています。

空間から滲むオーラもここから来ます。
真似しちゃいましょう!

その2:すぐ使えるようにする(整頓)

次に使うとき困らないよう、使ったら定位置(居場所)に戻す。

モノに居場所が決まっていると、どっかに行くことはありません。
無くさないから、シンプルに1点モノだけでもOK。

使ったら戻す。これを続けるだけ。難しく考えなくて大丈夫。

その3:ゴミは捨てること(躾)

かばんの中にあるゴミ・不用品は捨てます。これ習慣にしましょ。

お財布やかばん、チラッと見える、その中身。
その一瞬で、生活空間と生活スタイルがバレます。

整理整頓と片付けの極みがミニマリストです。
全方向に、整える、という意識です。

これは、癖とか性格とかではなくて、習慣からくるものです。

財布の中、かばんの中にある「使ってないもの」は出しましょう。
重たいカバンにして日常の筋トレに使うのもいいですけど・・・。

モノを大事にする、ということは、その特性を使い倒すことです。
使い倒して、修繕して、また使って、使う。

モノはあなたに使ってもらいたいからそこにいます。

大事なモノがゴミと一緒になっているのは可愛そうです。

まずは「楽しく生活する」ことが最重要です

YUKAlog-まとめ

いつのまにか片付けが大好きになってます

教訓じみたお話が続いていますが、ミニマリストは生活そのものです。

長期戦です。
最終的には日常習慣。生き方そのものになります。

読み終えたこの瞬間から、生活に溶かす工夫を考えると吉です。
継続すると、いつのまにか、なんだか楽しくなります。

人間は感情の生き物です。

なのでコツは熱量のあるうちに行動するだけ。
今からやるだけです。

さぁ行動しよう!

この記事は以上です。お役に立てれば嬉しいです。


ミニマリストは一見「オシャレ」さんだけど、シンプルを追求したらオシャレになるわけじゃない。ミニマリストで歩むなら、このテクニックは「知っ得」です。
ミニマリスト部屋の作り方【洗練空間→その構成色を図解!】

いつもありがとうございます。