真似たいミニマリスト部屋やインテリアはGoogleレンズで解析

記事概要です。

1・画像収集で目を肥やす
---> 自分が求めている傾向がわかります

2・あるモノで同じように挑戦する
---> 似た演出はお金を使わなくてもできます

3・欲しいインテリアはGoogleレンズで調べる
---> ピンポイントで検索できます

それでは順番に見ていきます。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
仕組みづくり

1・ミニマリスト部屋のインテリアなどを画像収集して目を肥やす


ミニマリストのブログや画像検索を使って写真を集めます。

素朴にいいな、と感じた画像をひたすらピックアップです。
これだけで、自然と目が肥えていきます。

これがいい、あれがいい。これはダメ。あれは参考になる。こうしたらいいかも。とか。

収集しているうちに、心の琴線にふれる共通点が見えてきます。
こーゆー構図をいくつも集めたなーとか、黒系が気になる、とか。

これが、自分の思い描く「ミニマリスト」です。

真似したいものを収集する。
だけで、求める傾向がわかるようになります。

なお、収集した写真は「googleフォト」に入れましょう。
無料で無制限に保存できる信じられないサービスです。

【注意】著作権について。私的利用の範囲内なら問題ありません。
画面キャプチャの利用はどこまで許される?

2・インテリアなど今あるモノでミニマリスト部屋に挑戦


似た演出はお金を使わなくてもできます

ミニマリストの部屋、空間がおしゃれです。

勢い、真似するために、

無印良品に行こうとか、
ニトリ行こうとか、
100均行こうとか。

これはやめた方がいいです。

理由。

モノが増えるだけ、だから。

本当です。

まずは、持っているものを使って挑戦しましょ。

集めた写真に素敵な収納ケースの配置があれば、
同じ構図を作るために、手元にある収納ケースを配置する、です。

これをやると、全く予想しない試練が発生します。
片付けとか、掃除とか、ゴミ捨てとか。

結構大変です。けども、これを、ちゃんとやる。

これ、近道です。

そもそも、なんでミニマリストのお部屋のインテリアが素敵に見えるのか。

その理由は、「無の空間」や「カベの余白」が多いから、です。

いつも「インテリア」を彩る環境を用意してます。
つまり、空白だらけ、です。

なので、すぐ真似るコツです。

・なにはともあれ、同じ構図を作る。
・邪魔になったものは、なにもかも一箇所にまとめてしまう。
・まとめたものは後で片付ける

マネするにお金はいりません。

3・ミニマリスト部屋で欲しいインテリアはGoogleレンズで調べる


とはいえ、やっぱり欲しいものは欲しいです。

だけど、商品名がわからない。
どこで売ってるのかもわからない

そこで役立つのが、ChromeアプリやGoogleフォトに搭載の「Googleレンズ」。

画像に写る「この部分」をピンポイントで検索してくれます。

似た画像や、「それはこの商品です」がヒットします。

なお、パソコンではこの機能は封印されているようです。

使い方の写真を並べておきます。

画像検索後に使うなら、赤マル内のアイコンをタップ。Googleフォトに写真を保存していれば、写真の下に同じアイコンが出ます。

Googleレンズの操作説明

狙う部分に指でマルをつけます。

狙う部分に指でマルをつけます

自動的に検索結果が表示されます。

イメージしづらいので、40秒ほどの動画でどうぞ。

「これ」という品物が欲しいときに便利な機能です。

ミニマリスト部屋のインテリア画像を狙う効率的な検索単語は?


それは「シンプルな生活」です。

これはミニマリストを表現するものですが、比較すると30倍の情報量です。
言葉を組み合わせても1桁は違います。

実は、ミニマリストはこの数年で流行りだした単語。
なので、知名度や認知度は意外と低いです。

以下は、Google検索でヒットした記事数の比較。
参考までにどうぞ。

検索キーワード ヒット数
シンプルな生活 389,000,000
ミニマリスト 14,100,000
シンプルライフ 部屋 インテリア 10,800,000
ミニマリスト 部屋 インテリア 2,630,000

まとめ:おしゃれなミニマリスト部屋のインテリアを真似ると早いです

この記事からのお土産です。

・画像検索などで「これ!」と思った写真を「Googleフォト」に貯めておこう。
・ミニマリストの部屋のインテリア配置を真似しよう。
・欲しいものあれば「Googleレンズ」で調べよう。

いつもありがとうございます。