ブログの書き方:導入文は型を使うとSEO対策も適切に施される

導入文を的確かつ簡便に書いて、なおかつSEO最適化も目指したい?
であれば、記事の書き出しは「テンプレート化」すると良いです。

バズ部manablogに通底する思想をもとにして「型」を作りました。

行動心理の3要素を満たす「型」を使って書いたのがこの文章です。
スラスラ簡単に書けましたよ。

ブログの導入文は、型を使おう!

この記事はそんなことを言いたくて書いています。

導入文は型を使うのがオススメ

YUKAlog-導入文は型を使うのがオススメ
ブログ記事の導入文は型を使うといいです。

型を使うと執筆の時短にもなりますし、伝えたいことも的確にまとまります。
読者にとっても、手軽に概要がつかめるので、同じく時短になります。

一方では、「導入文なんて誰も読まないよー」という声もありますが、
読まれた場合のことを考えると、気合を入れて取り組むべきとこです。

なので、
バズ部とmanablogの共通項から作った型(↓)を使いましょう!
この両者は目に見える成果を出しまくってます。

その型について以下にまとめます。

  • 導入文の「型」
  • バズ部とmanablogの両記事の「型」
  • 「型」の使い方

導入文の「型」

バズ部とmanablogの共通項から作った「型」です。

◯に悩む。であれば、△をすると良いです。
△で◯を解決できたのでまとめます。

使い方は、これに肉付けするだけです。
情動を入れるとサラサラ書けます(後述します)。
型は本当にこれだけです。

本記事は2つのサイトを参考にしています。

・10年以上前からコンテンツマーケティング界の大御所「バズ部」さん。
・ブログ執筆の鬼努力からYouTuber化した億り人の「manablog」さん。

この2つのブログを何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も読み返してやっているうちに初心者でつまずく部分が見えまして、転ばぬ先の杖があるといいな、と思いまとめた内容です。

バズ部とmanablogの両記事の「型」

型があまりにもショボいんだけど、、、大丈夫?
これって本当にバズ部とmanablogの共通項なん?
という声がありますので、きちんと書きます。

2つのブログから共通項を抽出しました

両者ともに個性がある文章で、説明分量も異なりますが、
それぞれの導入文の型には共通した骨子が使われています。

「型」の骨子となるものです。

問題提起 → 結果の明示 → 結果の根拠

骨子をしっかり理解できたら自由に使えそうです。

バズ部の提唱する導入文(型の骨子)

① 問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。
② 結果の明示:あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。
③ 結果の根拠:②で示した結果が出る根拠を伝える。
たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになる|バズ部

manablogが提唱する導入文(型の骨子)

① 問題提起:読者の疑問が明確である。
② 結果の明示:疑問に対する回答がある。
③ 結果の根拠:回答の信頼性が担保されている。
【事実】ブログで「価値のある導入文」を書く方法【条件は3つある】|manablog

両者の骨子は完全一致です。

型の骨子をうまく使うコツ

この骨子ですが、、、なかなか慣れません。

①問題提起 → ②結果の明示 → ③結果の根拠

初心者には、とーってもハードルが高い。
両者のブログに戻れば、あざやかな解説と例文があるので、迷いません。
けども、いざ本番! 自分の記事で使おうとすると、、、、、書けない。

「この骨子を考えながらどーやって書くの?」
この命題に2週間ほどボソボソ考えてました。

僕の頭はマルチタスクじゃないから、
伝えたいことをまとめるに精一杯。

ちょっと無理かなー、やめよーかなーと考えてたとき、

読者は感情で動くんじゃない?
ふとそのように思いまして、

読み手の感情を刺激してみよう!
なーんてことを考えて書くと・・・。

書けたのです! 自然にさらっと。

どんな「情動」になって欲しいかを考えて文章を書くと、
シングルタスクの僕でもわりとサラサラ書けることに気が付きました。

読者に与えたいと思った「情動」がこれです。
骨子をうまく使うコツみたいなものだと考えます。

  • ①問題提起  → 読み手が叫ぶように提起する
  • ②結果の明示 → 読み手がにやけるように明示する
  • ③結果の根拠 → 読み手が唸るように書いておく

①叫ぶ→②にやける→③唸る これ全部感情。
ということで、①②③の骨子ごとに補足説明します。

① 問題提起:叫ぶように

ここは読者に「そーなんです!」「まじっすか!」と叫んでいただく部分。
表現できない願望や悩みを言葉にして、ぐぃっと心をつかもうパートです。

導入文を的確かつ簡便に書いて、なおかつSEO最適化も目指したい?
であれば、記事の書き出しは「テンプレート化」すると良いです。

折れそうな心をわしづかみされたら叫びますよね。

② 結果の明示:にやけるように

ここは読者に「いいもん見つけたぜ!!」とニヤニヤしていただく部分。
一筋の光がみえる刺激的な約束を、絵画のように提示しようパートです。

バズ部とmanablogに通底する思想をもとにして「型」を作りました。

イメージした欲しい物が見つかったらニヤニヤしますよね。

③ 結果の根拠:唸るように

ここは読者に「う~ん、、、なるほどね。」と唸っていただく部分。
明示した根拠を見て、あながち嘘じゃないことをご納得いただくパートです。

行動心理の3要素を満たす「型」を使って書いたのがこの文章です。
スラスラ簡単に書けましたよ。

納得したら唸りますよね。

本記事の導入文を再整理します

「型」とか「骨子」とか「情動」とかゴチャゴチャしてきたので、
きちんと再整理します。

型はこれ。

◯に悩む。であれば、△をすると良いです。
△で◯を解決できたのでまとめます。

骨子はこれ。

①問題提起 → ②結果の明示 → ③結果の根拠

記事の主訴はこれ。

①導入文で困ってますよね。

②型を使うと良いです。

③実際に書けてます。

骨子に情動を入れて肉付けした型がこうなりました。

導入文を的確かつ簡便に書いて、なおかつSEO最適化も目指したい?
であれば、記事の書き出しは「テンプレート化」すると良いです。

バズ部とmanablogに通底する思想をもとにして「型」を作りました。

行動心理の3要素を満たす「型」を使って書いたのがこの文章です。
スラスラ簡単に書けましたよ。

導入文を読んでくれた読者には、
①叫ぶ→②にやける→③唸る
を提供しましょう!

導入文が必要である理由や根拠

YUKAlog-導入文が必要である理由や根拠
ブログ初心者の僕が言ってもなんの信頼性もありません。
ので、超絶参考になったバズ部さんの記事でご説明します。

バズ部が考える導入文について

バズ部が注視する導入部分(書き出し)は、続く本文を読ませるための
「フック」という位置づけです。読者心理を深く考えて工夫されています。

トップコピー:最大多数の興味を惹くパート
WEBでのコンテンツライティングのトップコピーは、以下の2つのパーツで構成されている。
・記事タイトル
・フック(書き出し)

このパーツの書き方次第で「どれだけ多くの人に読み進めてもらえるか?」が決まる。《中略》
フック(書き出し)の文章は、記事の精読率を大きく左右する重要なパートだ。なぜなら、記事タイトルで興味を惹かれた読者は、続いて、一段落分の文章までは必ず読む。

従って、続きが気になって読みたくなるようなフック(書き出し)を用意できるかどうかで精読率が大きく変わるのはご理解頂けるだろう。

たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになる|バズ部

バズ部さんの記事は心に刺さる際立ったフレーズが多いため、いったん読み始めると、どんどん掘りたくなります。ぜひとも参考になすってください。

Googleが注視する導入文について

検索エンジンを提供しているGoogleさんはどう考えているのか?

その前に、導入文を調べていくうちに分かったことですが、
記事の書き出しには3つほど役割があります。

・読者の心をつかむこと
・記事の概要を伝えること
・記事の本文に導くこと

バズ部とmanablogの記事を長時間かけて何回も読み返した僕が言うのもなんですが、
閲覧時間(サイト滞在時間)が長いほど、しっかりと記事を読んでいる
ことになります、というか実際そうなります。

それを知ってか、Googleは検索結果を返すだけじゃなく、読者の滞在時間も計測してます。
ランク付け要素には考慮されてないと言われますが、「じゃー、なんで計測してるの?」ということです。

滞在時間が長い = しっかり読まれている = 質の高いコンテンツ

どー考えても「質の高いコンテンツ」かどうかの判断材料になります。
さらに、Googleは「質の高いコンテンツを提供しよう」と昔から言い続けてます。

いかに、導入文でフックさせて記事に流入してもらうか?
読者に、記事をしっかりと読んでもらうことが、
SEO対策の要であることは間違いなさそうです。

そのように考えるべき根拠をGoogleが教えてくれます。
SEO対策の基本的なことをまとめた必読資料です。

Google謹製の『Google検索エンジン最適化スターターガイド』です。
※質の高いコンテンツを提供しよう(14ページ目)参照。

改定が続いて今日も掲載されていましたが、その主訴は全然変わりません。

導入文の効果と具体例

YUKAlog-導入文の効果と具体例
導入文の効果は、未計測なのでなんともわかりません。

が、しかし、ほぼ同じパターンの導入文があるブログは
安心感があるといいますか、約束事のように読めます。

これを1000記事分、鬼努力でまるっと実践して
結果がすごいことになってる人が言うので、
効果あるに違いないかなーと推察です。

マナブさんの主訴はシンプル。
「読者に期待感を持たせつつ、本文に誘導すること」
誘導においては読者心理をきちんとつかんでいます。

manablogが考える導入文について

以下に、導入文の効果についてシンプルかつ具体的に
書かれた箇所を引用しておきます。

なんで読者が期待感を持つかというと、導入文を読むことで「記事を読むことのメリットが可視化されるから」です。

記事を読むメリット=読者の問題解決です
この記事を読もうと思った理由を考えてみてください。

たぶんですが、「ブログを頑張っているけど、導入文をうまく書けないなぁ…。」とか、「雰囲気で導入文を書いていたので、改善策を探している。」といった感じかなと。

そして、この記事を読めば「なにかしらのヒントが見つかるかも」という期待感を持って、記事を読み進めていると思います。

【事実】ブログで「価値のある導入文」を書く方法【条件は3つある】|manablog

読むだけで、期待感UPしますよね。
良質すぎる記事なのでぜひ読んでみてください。

まとめ:導入文をテキトーに書く成果

YUKAlog-まとめ
導入文をテキトーに書くだけで、こんな成果が得られることがわかりました。

導入文をテキトーに書いておく

読者に記事の良さが伝わらない

本文まで読んでもらえない

頑張って書いた文章なのに

読んでもらえない

読まれないから滞在時間が少ない

良質なコンテンツとはいえない

あとはご想像どおり。

すごい損失です。。。

最後のチカラを振り絞って「型」を使い、導入文を書き終えたらUPしましょう!
読者のため、そして自分のため。

この記事は以上です。お役に立てれば嬉しいです。

いつもありがとうございます。