ミニマリスト部屋の作り方【その洗練空間のポイントは構成色です】

インスタ映えするミニマリスト部屋。ある色味を集めるだけで洗練空間は完成します。無印良品がプロデュースしたホテル。どれも同じテクニックが使われています。おしゃれなシンプル空間は色の集中と選択にあります。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
仕組みづくり

ミニマリストが作り上げるシンプル空間を見てみる

生き方が独特な有名ミニマリストお二人が参考になります。

  • ミニマリストしぶのブログ(しぶさん)
  • ミニマリスト日和(おふみさん)

 モノが少ないスッキリした日常のデフォルト空間。
 モノの配置は機能的で結構な理由がある。

簡単にご紹介します。

ミニマリストしぶのブログ(しぶさん)の部屋

写真は( https://sibu2.com/minimalist-fukyu/ )からお借りしました。
ミニマリストしぶのブログ(しぶさん)
リアルな生活スタイルや持ち物の紹介も。ミニマル生活から便利グッズの開発も。あるべき居場所にモノが整っています。

ミニマリスト日和(おふみさん)の部屋

写真は( http://www.minimalistbiyori.com/archives/13424592.html )からお借りしました。
ミニマリスト日和(おふみさん)
夫婦揃ってのミニマリストのようです。毎日の小さな積み重ねで生まれたスタイルを多く紹介。ふわっとした空気感です。

なんでミニマリストの部屋は素敵に見えるのだろうか

それはモノが少ないので、視線の先が安定するから・・・。
だけ、ではない様子。

いい感じのスッキリ感の演出には、コツが見えます。

「おっ!」と感じる雰囲気は5つの色味で演出できます

その5色は、

黒・白・茶・鉄・透明」。

それぞれの色味や素材のチカラが発揮されます。

5色以外は、とりあえずシャットアウト。
これで「素敵な空間」の完成です。

きっと怒られますが、これを知ってるだけで、センスも工夫もお金も、まるっと不要です。

以下、「黒・白・茶・鉄・透明」の5色を見ていきます。
5色とはいえ、細分化するとかなり多くなります。


黒系

黒系
黒系を2種類。
左はグレー(灰色です)
右はブラック(黒です)

多く使うとシックになります。


白系

白系
白系を2種類。
左はホワイト(白です)
右はメープル(乳白色の木目。サトウカエデ)

多く使うと清楚感が出ます。


茶系

茶系
茶系から2種類。
左はベージュ(らくだ色。うすくて明るい茶色)
右はオーク(茶色の木目。明るい茶〜濃いこげ茶まで)

カントリー調からシック感まで演出できます。


鉄系

鉄系
そして鉄系からは4種類。
左からブリキ、鉄、アルミ、ステンレス

差し色でも使われます。


透明系

透明系
あまり変化見えませんけど、
左からアクリル、ガラス、プラスチック

無色透明なので、どんな場面にも合います。

これらをベースに、好きな1色を取り入れると、個性を演出できます。

ミニマリストさんのお部屋で色味を検証したら、やっぱり・・・

圧倒的に一番!」と感じるものだけで構成された生活空間。
迷いなく「これ使ってるよ!」で構成された空間。

そんな空間の色味を検証してみたくなりました。

そこで、使うのは「 Adobe Capture 」。
画像から色味を面積化してくれる無料アプリです。

検証するのはこの3点。

・先程の「ミニマリストしぶのブログ(しぶさん)」写真
・先程の「ミニマリスト日和(おふみさん)」写真
・最近知った「無印良品ホテル」の客室とアメニティ

結果は。。。

ミニマリストしぶのブログ(しぶさん)の部屋

色味の検証写真は( https://sibu2.com/minimalist-fukyu/ )からお借りしました。
ミニマリストしぶのブログ(しぶさん)の部屋
白・メープルが中心で、黒が差し色。鉄素材のコンセント枠さえオシャレに見えます。
しぶさんご本人が写っています、失礼しました。

ミニマリスト日和(おふみさん)の部屋

検証写真は( http://www.minimalistbiyori.com/archives/13424592.html )からお借りしました。
ミニマリスト日和(おふみさん)
白・ベージュが中心で、グレーが差し色。ガラスも見えますね。
中心にある大容量の収納箱が、さりげなく空間インテリアになってます。

「無印良品」の世界を表現したホテルでも色味を検証してみます

「無印良品」の世界を表現したホテル
出典:無印良品ホテル
2点の画像で色味を検証してみます。
・客室
・アメニティ

 客室

無印良品ホテルの客室
メープルとオークが中心で、白と黒が差し色。
裸足でペタペタと歩きまわりたくなる空間ですね。

 アメニティ

無印良品ホテルのアメニティ
メープルと白が中心で、鉄色が差し色。
透明は歯ブラシ。お店みたいです。

ミニマリストさんのお部屋はホテル並の雰囲気だった

検証の結果、ミニマリストさんのお部屋は無印良品の雰囲気があります(私の印象)。

この検証は他にも広げましたが、シンプルなので、色目は見た目でわかるじゃん。
と感じたので、割愛します。

なお、YouTubeでは「ミニマリスト」で沢山のお部屋の紹介動画がヒットします。

ブログでは「部屋を自撮りしてる人」は少数派の印象でした。
視点が違うようです。

最後に、この記事からのお土産です

ここまで読んでいただきありがとうございます。

空間の雰囲気をつくる色使いのテクニックは、

「多色を消去」する
「黒・白・茶・鉄・透明」を使う

です(と言ってしまってOKです)。

あと、記事内でご紹介しました5色、印刷用pdfを作りました。A4サイズです。

「黒・白・茶・鉄・透明」5color.pdf
よろしければお使いください。

参考になれば幸いです。

いつもありがとうございます。

コメントを残す

*