メールをCCで送るときは本文や件名にCC相手の名前を入れておこうね

YUKAlog-メールをCCで送るときは本文や件名にCC相手の名前を入れておこうね

メール投げましたよね?ってなんだ?

今朝の話、というか、そーゆー教育現場にたまたま居合わせました。

「なんかさー前の会社の風習なのかもしれないけど、CCで送るのって文化なの?」

「あ、皆さんそうでしたけど・・・」

「そうなんだ。だけど、俺、CCは見ないよ。件名やメール本文に名前あれば別だけど」

「でも、情報共有にはいいと思いまして・・・」

「そうなんだ。でもそれだったら口頭報告とかでいいんじゃない?5秒かからないよ」

「メールお嫌いですか?」

「そういう意味じゃなくて・・・」

「メールするのが仕事だと思ってない?それって違うと思うんだよね」

「・・・」

「本当に送るんだったら相手のこと考えたほうがいいと思うな」

これ、友達が言ってた言葉。なるほどね。

CCでメールする人っていますよね。これってどうなんでしょ?

タイトルや本文ヘッダーに
〇〇さま
(CC〇〇さん)

とかであれば、「あ、これ俺あてだな」とかわかります。

けども、業務対応などのメールが問題。

送信時に宛先とセットでグループメールをCCに入れてませんか?
これって、上位の人にとってみれば迷惑。

はっきり言って読んでません。

上司のメールボックス見たことあります?
めっちゃあります。そしてほぼ未読。

人によってはきちんとさばきますけど、それでもハンパない量のメール。
これに時間を取らせてはなりませぬ、というお話し。

こんなことをするなら、

きちんと宛先に相手の名前を書いて完結にまとめておくこと。
○○やりました。とか、対応済みです、とか。

この手間だけで、かなり評価かわりますよ。

手間というか、これはやるべき。
咀嚼能力高まるし文章を短くするテクニックも習得できます。

コミュニケーションとか情報共有とかの意味で
ほぼ無条件にCCに部署宛配布リストいれちゃってる人が多いです。
しかも、そーゆーCCで投げる人に限って「意識高い系」であったりします。

もし、意識高い系で突き進むのなら、
件名や本文ヘッダーに相手の名前を入れてあげましょう。

たとえ、相手が部下であったとしても、業者であったとしても。

だまされたと思って試してみてください。
奇異な目で見られること間違いなし。
※良い意味でですよ。

9割の人はCCで関係者に投げる。これ、意味ないです。

ここから脱却すると、自分時間とれます。

ここで言う自分時間とは練習時間。
・文章記述能力の練習
・咀嚼能力の練習
・コミュニケーションの練習

こんなのが仕事で練習できますよ。
お給料もらいながら、最高ですね。

いつもありがとうございます。