Microsoft 365(旧称 Office 365)を入れたら旧エクセル(xls)を開くと保存になる現象の解決法

YUKAlog-Microsoft 365(旧称 Office 365)を入れたら旧エクセル(xls)を開くと保存になる現象の解決法

Microsoft 365(旧称 Office 365)を入れたら旧エクセル(xls)をダブルクリックで開こうとすると「保存」ダイアログが出る。そして見慣れぬ拡張子の選択を求めてくる。

???

意味わからん!保存じゃなくて開きたいのだが。。。

そんな問題を下記で解決します。
ポイントは「修復」です。

Microsoft 365(旧称 Office 365)を入れたらエクセル(xls)が開けない

エクセルをダブルクリックしたら・・・。

なぜか「開く」のではなくて、「保存する」画面が出てくる。

エクセルを開きたいのに「保存」を促してくる。
ひょっとして全部のエクセルを保存し直す必要あるの?

それって、大変すぎないかい?

大丈夫です。そんなことやる必要ありません。
これ、Microsoft365を入れたときに出るバグです。修繕したら治ります。

「旧エクセル(.xls)をダブルクリックで開くことができます」

1.コントロールパネルを探す。

2.コントロールパネルを開く。

3.プログラム→プログラムのアンインストールを開く

4.Microsoft365のプログラムを選択して「変更」をクリック

5.ダイアログ出たら変更を許可するので「はい」をクリック

6.クイック修復を選択して「修復」ボタンをクリック。

7.クイック修復を開始してもよろしいですか?→「修復」をクリック

8.するとこんな画面。待ちです。

9.修復が完了しました。で「閉じる」をクリック。

これで、.xlsのエクセルファイルをダブルクリックしたら普通に開くようになります。
ただ、マクロなど組まれていた場合、それが動かないように設定されています。
以下では、その設定を外します。

10.エクセル→ファイル→一番下にある「オプション」をクリック→トラストセンター→「トラストセンターの設定」をクリック

11.似たような画面になります。「マクロの設定」→「すべてのマクロを有効にする」にチェック。→OK

これで、マクロが仕込まれたエクセルが動きます。
お試しください。

いつもありがとうございます。