好きなことを人生にコミットさせていく雑記【具体例です】

YUKAlog-好きなことを人生にコミットさせていく雑記【具体例です】

好きなことを人生にコミットさせていく雑記【具体例です】

好きなことを人生にコミットさせる、って
そんなの普通じゃん!

っていうことが難しいのです。
サラリーマンのように他人時間を生きてると。

ここではそんなときに考えたいことを書きました。
真面目に考えると、過去に答えがあると思います。

それを拾うといいかもです。

  • 記憶の中から「いいね」と言われたことを掘り出す
  • 好きなことが実現できそうな情報を発見する
  • もしコミットするなら→好きを仕事にする転換
  • 枠内で考え込まずに、はみ出てみよう

記憶の中から「いいね」と言われたことを掘り出す

人から褒められたモノが誰にも1つや2つあるハズ。
まずは、それを思い出すことからやってみます。

例えばの話。
小さい頃に「無限電池」なるSF的な発想で夏休みの工作を作った。
ダンボールの手作りロボット、動力源が「無限電池」。

色を塗って、想像する色形に仕上げた。
すべてイメージ通り。

足らないのは「本物」じゃないところ。
そんな妄想どおりに作られたロボットを学校へ持っていく。

すると、先生や友達が「いいね」と言う。
本人もまんざらではない。ドヤ顔。

いつか「無限電池」ができたら、このロボットに組み込むだけ!
みたいな発想になる。

それからはロボット系のアニメを見まくる。

リアルな「ロボコン」という技術の戦いに興味が出る。

進路が違うので参加はできないけど、必ずテレビで観戦。

稼ぐようになった頃、ロボット制作キッドを「デアゴスティーニ」で買う。

小さなロボットを作る→動かす。

動く!

あとは「無限電池」があれば・・・。

こんな内観で「好きなこと」を探索できます。
忘れてきた情熱など思い出す一つの方法です。

小さなころに熱中したこと。
それに「いいね」と言われた体験。

そんな記憶をたどると、、、。

その熱中してたことが実現するかもしれない情報が発見できたりします。
昔と変化した今の時代で。

好きなことが実現できそうな情報を発見する

好きなことが実現できそうな情報ってなんだ?

妄想してきて足らなかったジグソーパズルのピースです。

ロボット作品で例えると、こんなこと。

あとは「無限電池」があれば・・・

一昨日、こんな記事を見つけてしまいました

放射性廃棄物で作る寿命数千年の電池、概念実証に成功する

なんと!!!

「無限電池」が発明された様子!

読むと「核崩壊を利用→3万年駆動する」とのこと。

やった!これでロボットの動力源が確保できた(ようやく妄想が完結しました)。

ダイヤモンド電池(=無限電池)・・・「NDB, Inc」謹製

ダイヤモンド電池とは、充電不要で最大28000年持続する電池です。
その動力源は数万年に渡って放射線崩壊する炭素14の電子を使います。

→電池の原料は使用済み核燃料棒の黒鉛(減速材として使われた炭素)。

この黒鉛(放射性炭素)をダイヤモンド化→さらに人工ダイヤでつつむ。
→コーティングのおかげで放射線漏れがなく電子だけが排出される感じ。

これ、たった1gで単三乾電池と同じ能力。その持続時間は数百年!

なお、ダイヤモンドに変換された炭素14は、放射線を発しながら自然崩壊(炭素14の放射線半減期は5730年)しまして、崩壊後は窒素と反ニュートリノと電子という3つの無害な成分に変化→大自然に帰ります。

販売価格はバク安の様子。
→最終処分場で揉める核廃棄物をNDBが有料回収して諸経費に充てるので販売価格が上昇しない。

核廃棄物をリサイクルした「核ダイヤモンド電池」は3万年も駆動する
作った会社「NDB, Inc」

ダイヤモンド電池は、航空機やロケットから電気自動車、補聴器、スマートフォン、センサーなど、エネルギー源を必要とするあらゆるサイズのデバイスや機械に、すべて炭素排出なしで電力を供給するために使用できます。とのこと。これはすごい。。。
出典:https://www.prweb.com/

✔ 販売予定のダイヤモンド電池とその構造について(英語)

✔ ダイヤモンド電池の作り方と社会に貢献できる内容(英語)

もし「ものづくり系や世の中にない系」に触手が向くなら
こういうサイトでリアル情報を眺めるのもオススメ。
https://engineer.fabcross.jp/
https://switch-news.com/science/
https://nazology.net/
社会にまだ流通しない「シード」情報が満載です。

この「ダイヤモンド電池」を発見したときは丸一日、頭の中がお祭り騒ぎでした。

どうにかしてコミットしたい・・・。

もしコミットするなら→好きを仕事にする転換

これまでの経験や夢物語をもとに、先程の「NDB, Inc」をターゲットに就活!

※僕はこのやり方で今の職場へピンポイントで転職することができました。ぜひ転用してみてください。

でも、、、アメリカ企業となると現実問題が出てきます。

英語が・・・できない。
技術が・・・ない。

→僕はこんなの無理です。

だけど大丈夫な方法がある

大丈夫な方法があります。

それが3点。
→自分の培ってきた強みを使う。

例えば「ダイヤモンド電池」について、
①妄想未来図を描ける、かも!
②商品デザインを描ける、かも!
③日本市場に紹介できる、かも!

①②は、提案やら企画案などを相手に送りつける。
とても勝手な直接支援。思いが強ければできます。
※僕はこれをやりました。

だけど、③は誰でもできる。
※この記事のような感じですね。

③日本市場に紹介する!

相手が困ってるであろうことを仮定してみて、
その困ってることを解決する策を考えてみます。

役立つことを勝手に想像して解を語る

この会社が困ってるであろうことを勝手に妄想します。

シードってことは、まだ世に出てない(商品化中)。

じゃ、そのPR活動は?

日本の代理店とかあるのだろうか・・・。

これに関係する日本の会社ってあるのかな?

仕入れは核廃棄物なら日本の電力会社は知ってるのかな?
※日本は世界最大の核廃棄物保有国です。

どんなメーカーと協力関係になるんだろう?

核廃棄物ってことはそれを廃棄するときの法整備とか?
※ってか崩壊後は無害な成分になるので考えなくて良いのか?

そもそも、これってどこで使えるのだろう
※紹介にあった利用先以外に転用できるとこあるハズ。

・・・・・ほか色々。

当たり前ですが、これら、まーったく市場に出てない情報です。
とにかく妄想力を発揮して自力で集めてみる。

「NDB, Inc」のマーケティング担当者になったつもりで、
皆が知りたいことや喜ぶであろうことを大量に集める。

そしてブログで発信する。

たとえばこんな収集と発信

・日本の電池市場ってこれくらいある
・日本の電力供給はこの会社で占められてる
・核廃棄物を求める際の窓口や相談先
・無限電池を使える場所のイメージと代替したときの抵抗勢力
・無限電池を使える商品のイメージと代替したときの抵抗勢力

などなど。

ぱぱっと思いつく程度でリストにしてみました。

こんな情報、どこにもまとまってないです。
※しかも「NDB,Inc」に喜ばれそうなこと。
→個人で調べることができるレベルの情報でいいのです。

もしブログに書くなら、これを調べた理由も書いておく。
・英語わかんないけどここの仕事をしたい、就職したいとか、
・自分の原体験(小さな頃の工作)とか。

すると、これから読む人は
「このブログ情報は熱量あるね」とか、
「調査力がはんぱない」とか、
「妄想がすげぇ」とか、

多くの反応。

「ダイヤモンド電池」や「それに関連する情報」って、
そもそも世の中にまとまってないので、
興味ある人は読みますし、価値あれば転用・転載されていきます。

このブログ記事を発信することで予想されるもの

一番の収穫は「自分の妄想の世界が実現化されるまでの勝手な未来予想図が自分の手で描けます」こと。

すると、そこの会社に就職してないのに「勝手な広報」みたいなことができます。

興味ある会社や個人が問い合わせなど、ぽつぽつ出てきます。
→当然、いきなり米国会社にではなくて、そのブログに、です。
→ただの素人が「ダイヤモンド電池」の情報源になってますね。

そうなると、あなたが代行して問い合わせなきゃなりません。
→相手が喜ぶ情報(販売ルートやコミットしたい企業情報など)を携えて。

※問い合わせ先はサイトにあります
https://ndb.technology/contacts/

こうなったら、英語が話せないとかで悩む状態じゃないです。
→行動するだけ。

米国の相手は「あなたからのお話しもっと聞きたい」に変化します。

ここまで書いたこと全部「勝手な妄想と想像」でしかないです。
けども、「無限電池」なる「ダイヤモンド電池」は本物です。

しかも、これらの妄想話、いつの間にか「好きなこと」をやってますよね。
しかも「社会貢献」でありながら「人が欲しいと感じる」もので、
なおかつ「相手企業は喜ぶ」ので「就職の道がどこかに出てくる可能性」もある。

個人でやってみる価値はあると思います。
素人が手を出せるツール「ブログ」を使って。

就職という手段だけで閉塞感を感じるのはもったいない

今回のお話し、事実をもとに妄想を書いてますけど、
相手企業の仕事内容にコミットしたいのが目標なので、
社員になるとか関係ないです。

自分の夢を実現するに、
相手企業が困っているだろうことを勝手に支援するだけ。

その道中に「自分の好きなことをやってる感」が味わえます。
しかも、その道中の調べ物や試行錯誤ってのは自分のためのこと。

おまけとして結果があとからついてくるだけ。

なので、
英語できそうもない、
就職できそうもない、

そんなのまるで関係ないです。
必要なのは発信。

発信する内容に熱量を込めるだけ。

枠内で考え込まずに、はみ出てみよう

いつも「枠」にとらわれて悩むのなら、
こんな「好き」なことからの勝手発信ってのもアリですよ。

「風が吹けば桶屋が儲かる」という感じ。

この先、発信したモノが何に変化するかわかったもんじゃないです。

英訳して相手にメールで送りつけるのもいいかもですね。

あなたのやってることに惚れてしまいまして、
勝手にこんなこと調べました。
 
まだまだ続けるので、よかったら読んでね。
また何か必要なことあったら教えてね。
 
いつか日本でのパートナーになれたら嬉しいです。

そんな心情メッセージをつけて。

まるでスキルなくても、行動を評価してくれます。
評価というか好意を持ってくれます。

これがどう転ぶかは神様次第。
その手順を歩むかは自分次第。

です。

ていうか、書いてて見つけてしまいました!

Internship
Grow your skills at NDB.
 
Whether you’re a student or an educator,
new to science, experienced or
otherwise interested in what we’re doing,
we hope there’s something for you here at NDB.

インターンシップ
NDBでスキルを伸ばしましょう。
 
あなたが学生であろうと教育者であろうと、
科学に不慣れであろうと、経験豊富であろうと、
私たちがしていることに興味さえあれば、
ここNDBで何か提供できると信じてます。

NDBのインターンシップ制度。

おまけ


このダイヤモンド電池、個人的に感じるのですが、
「産業革命レベル」ですよ。

社会インフラの大革命です。もし本当に普及し始めたら、
ネットが世に出た情報変革レベルを軽く凌駕すると感じます。

引用:https://newatlas.com/energy/nano-diamond-self-charging-batteries-ndb/
ユネスコの議長でユニバーシティカレッジロンドンの教授であるジョンショーテイラー博士は次のように述べています。「NDBは、高価なインフラプロジェクト、エネルギー輸送コスト、または環境への悪影響なしに、炭素排出の主要な地球規模の問題を一気に解決できる可能性があります。化石燃料発電所、水力発電所、タービン、または原子力発電所での炭素回収などの代替ソリューションに関連しています。充電、給油、サービスを必要とせずに非常に長期間にわたってエネルギーを供給するテクノロジーの能力により、環境への影響とエネルギー輸送コストがほぼゼロの分散ソリューションを通じて、世界のエネルギー要件に取り組む理想的な立場にあります。」(google自動翻訳)

ただ、これはやめてほしい。
AI ✕ 無限電池

AIの最適解で社会構造の問題解決を図る

AI ✕ 無限電池

人間駆逐

ターミネーターが到来。

、、、がなければウエルカムです。

この記事は以上です。

いつもありがとうございます。