【片付け苦手な人向け】プロ並みに環境を整える思考法【簡単】

片付けに苦手意識がない人がうらやましい・・・。→単に好きなものを大切に整理してるだけですよ。
【ポイント】片付けが苦手なら好きなことをやろう→片付かないのは、今まわりにあるモノに興味がないから。

片付けが苦手なんですけど・・・。

こんな悩みを溶かす記事です。

【解決策】プロ並みに環境を整える思考法
  • 先に「好きなこと」や「やりたいこと」を考えるといいよ!
  • やりたいことは「特性」を「見える化」すると思い出します!
  • 苦痛なのは他人の価値観や期待値に応えようとするからです

この記事を書いている僕は典型的なO型、資質はテキトーです。
けども、思えば人の平均量の5倍は片付けの人生を歩んでいます。
「寮生活で3ヶ月おきの引越し」「実家の片付け」「学校アーカイブ2校分」ほか。
仕事はシステム系ですが、ここでもデータベースの整理整頓中です。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
片付け以前

片付けが苦手なんですけど・・・。

片付けが苦手なんですけど・・・。
先に「好きなこと」や「やりたいこと」を考えるといいよ!

  • 片付かないのは興味のないモノだから
  • 好きなものには興味があります
  • 好きなものは大切に整理します

好きなこと、やりたいこと。
これらで所有物は変化していきます。
→興味あるモノへ変化。

片付かないのは興味のないモノだから

片付けが苦手な理由はいろいろあると思います。
けど、気持ちよく片付けができない根本的な理由があります。

それは「今あるモノに興味が薄い(もしくは無い)」から。

好きなこと・やりたいことにチャレンジしているときに集めたモノ、
ではないからです。

好きなものには興味があります

一方、好きなこと・やりたいことで集まってきたモノには、誰でも興味があります。

これらの「モノ」は、生活スタイルを変えるチカラを持っています。
好きなこと・やりたいことを達成しようとする日常生活。

そこの生活空間に集まるモノ。
好きなことに「時間とお金」を費やした結果の「モノ」です。

当然「興味ある」ことになりますよね。

好きなものは大切に整理します

例えばフィギア、文庫本、○○コレクション。
それらのために、人によっては化粧棚を買い求めて整理整頓します。

「好きなこと・やりたいこと」って趣味のことじゃん!

そう考えがちですが、日常生活も同じです。
好きなことに向けた生活・お気に入りのモノが集まった生活空間なら、好きなことの結果。

そうした思いで整えた空間であれば、そのモノを大事にします。

好きなこと、やりたいことを手助けしてくれる「モノ」を、
テキトーに放置するって、まずないですよね。

踏まれたら、困ります。
壊れたら、困ります。
無くなったら・・・。

「好きなこと」や「やりたいこと」を見失ってます

「好きなこと」や「やりたいこと」を見失ってます
いつも多忙感あふれる日常生活。
これにやられると、好きなこと・やりたいことはすべて後回し。
素直な欲求は後回しとなるハズ。これ皆同じ。

そして歳を重ねるたびに忘れていきます。これも皆同じ。

ついでに、本当にやりたいこと・好きなことを忘れる原因その2。

安易に手に入る娯楽に触手が伸びること。無意識に。
だいたいが「コンビニ娯楽」と言われるネット閲覧やテレビ、そしてお菓子。
これにハマると、あっという間に月日が経過していきます。

あり?もう一週間たったの? みたいな。

で、「好きなこと」や「やりたいこと」を見失っていきます・・・。
そんなときは「特性」を「見える化」したら思い出しますよ!

「好きなこと」や「やりたいこと」を思い出す方法たくさんあります。
いくつか並べておきます。

  • ①特性診断で自分を振り返る
  • ②がむしゃらに片付けて掘り当てる
  • ③人に「得意なこと」を指摘してもらう

①特性診断で自分を振り返る

ネット環境があれば、これ一択。
特性診断はどれも無料。パパッと完了します。

 まずは自分の可能性を可視化する「AIスコア」で診断しよう

少しスパルタなツールですけどV字回復します
自分の可能性を可視化するなら「AIスコア」
生活→習慣→癖→思考停止中
そして片付けに悩む(というか苦手意識アリ)

思い当たるなら、さくっとビックデータとAIに頼りましょう。

「現状ではどんな可能性を秘めているか?」がスコア化されます。
「良い習慣を継続するとスコアが伸びる」サポートツールも無料です。

みずほ銀行とソフトバンクの合併フィンテックでスコア・レンディング事業。
J.Score(ジェイスコア)【ユーザー登録で無料】

ビックデータとAI技術が自分の可能性を図ってくれる時代になりました。金融機関の無料サービスツール。無料でAIスコアだけの判定ができます。融資申込をしなければ信用情報の確認や信用情報機関への登録はないです。
参考外部記事:自分の可能性を、AIでスコアにする時代がくる。

 次に自分の性格要素を「エムグラム」で見える化しよう

自分の要素が痛いほど見える化されます。
自分の性格要素診断なら「エムグラム診断」
これはSNSで流行った「隠してきた要素が痛いほど見える化されてしまう」ものです。

性格というか秘めた特性も見つけてくれる無料サービス。
企業の適性検査や採用活動に利用されています。

※概要診断は無料ですが、アドバイス等の詳細情報は別途課金サービスがあります。
エムグラム診断【利用無料。詳細診断は課金有】

105問に答えると性格要素トップ8を見つけてくれます。構成する性格要素のうち特徴的な8つをハッシュタグ化して方眼してくれます。写真は僕のやつです。文字を眺めて思い出したのが「ミニマリスト」になることでした。
参考外部記事:石原さとみがあなたを好きになる確率がわかる!?

性格診断なものは他にもたくさん

性格診断、特性診断的なものは他にもたくさんあります。有名どころを列記しておきます。

②がむしゃらに片付けて、掘り当てる

これは片付けの中級者向けかも、です。

とにかく身の回り品をすべて出し切って要不要を整理するだけ。
きっと埋もれた「夢」が出てきますよ。

そのモノを見たら「自分でも忘れかけていること」を思い出せます。

一つ大事なポイント。
「これまで多くの時間を使ってきたことは、好きなこと&得意分野」です。
たとえ勉強中であっても、身についてないと感じていても、です。大事にすべきこと。

③人に「得意なこと」を指摘してもらう

得意なことは、あなたの強み・好きなことを表現するものと言われます。
けど、これって、わかりにくいです。

ひとりでは気が付きませんし、なかなか掘り当てることができません。

理由。自分にとっては当たり前すぎるから。

人に指摘してもらって、初めて、
「あー、そういうレベルにいるんだー」

と知ることができます。特性とか特徴とか得意な分野って、客観視が必要かもですね。
これは意外な発見がありますので、試してみると吉です。

なんで片付けに苦手意識があるのだろうか・・・

なんで片付けに苦手意識があるのだろうか・・・
その理由。あなたが良い人だから。
苦痛なのは他人の価値観や期待値に応えようとするからです。

  • 人生の主体は自分自身です
  • 片付け習慣は幼稚園時代に習得済み
  • 好きなことを大事にする人生はモノも大事にします

人生の主体は自分自身です

よく見かける片付けって、モノの特性を主体にした整理整頓術ですよね。
なんちゃらテクニックとか○○収納術とか。

あと、片付けの完成形として要求される「世界標準仕様」ってありますよね。不文律の。

「お客様が来ても大丈夫」
「写真に撮っても大丈夫」
「大中小キレイに整える」

こーゆーの。

これ、完全に順番を間違えてますよね。

人生の主体は自分自身です。

片付けに大事なことって、
「モノを大切に扱っている自分」が使い続けるから環境が整うわけで、
見た目云々で御判断いただくよーなことじゃない!

他人様をおもてなしする最高の空間は日常生活の空間。
他人様のために最高の空間を作ることはホテルに一任。

そう思いませんか?
であれば、人生の主体は自分自身、大丈夫。間違ってない。

なので、
自分が心地よいと思ったら片付けは終了!!!です。

これが正解。
これで良し。
機能美です。

片付け習慣は幼稚園時代に習得済み

改めて書くことじゃないと思いますが、書きます。

良い子のお約束から、抜粋2点。

・使ったもの、きちんと後片付けしようね。
・大事に使わないと、モノが可愛そうだよ。

ただ、やるだけです。

好きなことを大事にする人生はモノも大事にします

迂回生産的な片付け論となってますが、大事なので書きました。

片付けが苦手であれば、自分を大事にしましょう。
これまで何が好きだったのか、自分と会話しましょう。

ごくありふれた普通の日常生活をしていても、
「本当にやりたいこと」の優先順位は低くなっていきます。

疲れてるし面倒くさいし大変だし、いつかそのうち・・・。

そういう生活に終止符を打つと、環境は変わります。
小手先の片付けテクニックを求めると無限地獄です。

ますは、好きなこと・やりたかったことの掘り起こし。
そして、掘り起こしたものを生活動線に組み込む。

例えば雑貨や小物。好きなことをサポートしてくれるモノです。
「粗末」には扱えません。

最後となりますが、大事なモノの片付け方法

使ったら元に戻す →メンテナンスする →不用品は手放す (∞loop)

以上です。心地よい暮らしの参考となれば嬉しいです。

いつもありがとうございます。

コメントを残す

*