Microsoft 365(旧称 Office 365)を入れたらaccessが動かなくなる現象の解決法

accessがなぜか動かない

Microsoft 365(旧称 Office 365)を入れたら、accessが動かない、で困ったら・・・。

  1. mdbファイルをMicrosoft365のaccessに紐付ける。
  2. マクロを有効にする設定をする。

で動きますよ。

microsoft365のインストール後、
自動で過去のaccessバージョンがアンイストールされてしまいます。

なので、既存のアクセスが動くように環境設定を数点します。
のメモです。

アクセスアイコンが白になって関連付けが消えました。

mdbをmicrosoft365accessに紐付けさせるとOK。

解決方法

accessを右クリック→プログラムから開く→microsoft365accessを選択。
常にこれで開くに✓しておきます。

これで古いアクセスがmicrosoft365access で開きます。

次にアクセスのボタン押しても動かない問題。

アクセスのマクロを常に有効に設定しなおすとOK。

マクロなど無効化されてますのでDocmd.openなんとか系は全部動きません。
デフォルトで無効化されました。

解決方法

①空のAccessを開いてメニュータブの【ファイル】をクリック

②左下の【オプション】をクリック

③トラストセンター → 「トラストセンターの設定」

④マクロの設定 をクリック
⑤【すべてのマクロを有効にする】にチェック※「推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります」
とありますが、内製アクセスに危険を仕組むわけないので大丈夫です。

⑥ダイアログボックスごとにOKボタンで閉じて、accessを終了。

⑦目的のaccessを起動します。これまでどおりの動きが実現します

これでOK。

問い合わせが多かったので作業メモでした。

いつもありがとうございます。