コロナ禍だからこそプログラミングを学んでおくべき理由【転職準備】

YUKAlog-コロナ禍だからこそプログラミングを学んでおくべき理由【転職準備】 スキルアップ
自分時間を確保できるコロナ禍では、

コツコツとプログラミングを習得しておくと吉です。

今がベストタイミングである理由も書きます。

アフターコロナは来ないです。
来るのはウィズコロナだけ。

コロナが過ぎ去ったあとは、
コロナ前の社会構造には戻りません。

一瞬にして起きた産業革命みたいな感じです。
→コロナのおかげでITを使うのが普通になりました。

これまでメールさえ使えなかった70代の知り合いが、
今や普通にZoomを使って仕事や飲み会をしてます。

これまで難しいからと嫌煙されてたIT系スキルが、
実はそれほどハードルは高くない、とバレてます。

コロナのおかげで社会構造の変化→順応。
かなり普通に順応しちゃってますよね。

もし、
・何をすべきかいつも考えている。
・「どうなりたいか」を考えてる。
という状態であれば、アウトプットしましょう。

コロナ禍でビジネス書がめちゃ売れしてますが、、、。
→読むだけじゃ意味がないです。
読んでアウトプット(ブログとか実践とか)する。

アウトプットすると、脳科学的に見ても的確にスキルが身につくと言われます。

で、学びのアウトプットでも特にオススメなのが「プログラム」です。
最近とても人気で、対費用効果ばつぐん。めちゃくちゃコスパ良いです。

令和でプログラムを書くというのは、
・学べば誰でも取得できる運転免許のようなもの
・これまでの市場と先人が必須なものを抽出済み
・武器になる(学習投資と回収からコスパ最高)

ということになってます。

自宅時間が多いコロナ禍では、めっちゃ追い風です。
やってるか、やってないか、の2択だけ。

この記事の目次です。
令和でプログラムを書くというのは、

  • 学べば誰でも取得できる運転免許のようなもの
  • これまでの市場と先人が必須なものを抽出済み
  • 武器になる(学習投資と回収からコスパ最高)

です。

学べば誰でも取得できる運転免許のようなもの

プログラミングは今や運転免許のようなものになりました。

実体験ですが、こんなにコスパ良いスキルは他に見当たりません。
まるで車の運転免許があるだけで仕事ができる、そんな印象です。

いたるところに需要があります → どこでも稼げます。

さらにプログラミングできる人は、

・IT系の人と思われる、
・フリーで仕事が取れる、
・一般の会社でシステム系の仕事ができる、
・塾のように人に教えることもできる、
・IT系の企業に就業もできる、
・当面はまだまだ一目おかれてる
・ネットとPCあればどこでも仕事できる

このプログラミングスキルに、これまで培ってきた強み(例えば営業とか)を加え続けると、
転職のたびに給料がUPする神サイクルをまわせるようになります。

市場価値が上がって、生活が今より豊かになる(繰り返し)。

「転職と副業のかけ算」に書かれているとおりですが、
体験と学びを掛け算したスキルで、相手の弱みをサポートしてあげる。
がポイントです。次世代型サラリーマン生活を垣間見ることができます。

『転職と副業のかけ算』生涯年収を最大化する生き方
内容:
・転職するたびに年収を爆上げ=自分を売るのが上手な方。
・最終的には会社経営。「転職×副業」で生計を立ててます。

スキルは学んだ人しか手に入れることはできません。
経験も実際に体験した人しか語れません。

世間の雰囲気は、プログラミングって難しい、とか
専門の人じゃないと無理、みたいな感じですけど。。。

稼ぐためのプログラミング程度であれば、
誰でもスキルを身につけることができますよ。

理由→実はとても簡単だから。
やることは決まってます。

市場と先人が必要なものを選択済みです

プログラミングは、突き詰めればとても簡単です。
というか、メジャーで使われるものだけ舐めておけばOK。
→あとはそれの発展型でしかないです。

使われてるツールはニーズがあるから。
ニーズある言語が稼げる言語。

→Webで言えばWordpressがそれにあたります。
WordPressについて

PHPというプログラム言語で書かれておりまして、
サイトがクリックされるたびに動的にサイトを組み上げます。

ブロガーやアフェリエイターが好んで使ってますが、
実はWordpressは企業サイトに大変よく使われてます。

一方で、レアで激むずなのが
・Googleの検索エンジンであったり、
・衛星を軌道に乗せることであったり、
・人間の意識を仮想現実の世界に入れることであったり、、、
このあたりはエッジの特殊エンジニアな世界です。

→例えばムーンショット計画がそれにあたります。
ムーンショット計画
政府が研究費を支援するくらい激むずですが、だんだん一般化すると思われます。

一般社会でプログラミングといえば業務支援ツール程度

業務支援ツールの意味をまるめると「入力と出力の制御」くらいです。

業務システムなどのWebアプリケーションがそれにあたります。
ここで書かれるプログラミング言語はこの数十年でよく使われるものが中心です。

※構築には運用費がかからないオープンソースが好まれます。

たとえばWebで言えば「HTMLとCSS」があればとりあえず形ができます。
これでサイトが作れちゃいます(プログラム言語とは言えないですが)。

枯れた言語。昔からある言語が今を作ってます。

プログラミングの世界も同じようになってます。
流行りの言語変化は早いですが、基本となる構図はつねに3つだけ。

・上から下に流れる
・分岐する
・ループする
・値を代入する

これだけでシステム内の動きが表現できます。
というか、こればっかり。

なので、プログラミングは、運転免許を取得したら運転できるのと同じです。

ただ、プログラミングに免許はいりません。
習得するに早い方法はスクールに通うことですが、独学でもOK。

書いたものが思ったとおりに「動けば」いいのです。

それも枯れた言語であれば、どこでも動きます。
HTML
CSS
JavaScript
PHP
SQL

このあたりの組み合わせだけで、業務システム作ってあげると
かなり稼げますよ。

あとは横展開したらOK。

転職する武器になる(コスパ良い)

とても高いところを見て「プログラミングは難しい」という人が多いです。
「自分には無理かも」と思いがち。

だけど、それって見えないおばけを怖がるようなものです。
Zoomと同じ。やったらなんてこたぁないのです。

ただ、です。数ヶ月はストイックにならないと駄目。
→実際に手を動かしながら書いて学ぶので、時間の確保と学ぶ意識が必須です。

だから、このスキル、コロナ禍ではチャンスでしかないです。
というか、コロナ禍で迷走してる今しかチャンスはないです。

ぜひぜひ刃を研ぎましょう!

こんな環境は今しかない

プログラミングを学ぶタイミングは今しかないです。
需要もあるし学ぶ時間も確保できる美味しいタイミングです。

10年も経過したら、、、キビシイかもです。

以下、最近の学校事情です。
ちゃくちゃくと市場にITスキルの高い人材を排出する準備がされてきてます。

たとえば、
・義務教育にプログラミング学習が導入されてます。
・ギガスクール構想で国公立に高速インターネット網が整備さます。
・学校教育にて無償でタブレットやPC端末が支給されます。

プログラミングは「難しい」イメージを持ってる人が多いのは、今だけ。
そのうちプログラミングは得手不得手あれど、みんな知ってる英語のようになります。

コロナ禍のタイミングでスキルを身につけるなら、プログラミング。
そして、そのプログラミングスキルを転職・就職に活かすべき。

何もIT系の会社に特化したのがプログラミングではありません。
簡単なWeb構築スキルなら一般企業でも必要(というか、欲しい)。

たとえば、今すぐには転職できなくても、
将来に備えてスキルを身に付けておきたいという方が多くなってます。

さらに、2019年頃からは、副業のためプログラミングスキルの習得を
考えている人も多くなってきました。

問題は「したい」と考えた人がどれくらいいるか?です。
思うに、あまり多くはいません。

理由は、難しいと感じるから。
まったくの素人が独学するには難しいです。

難しいと感じるのは当たり前です。
→料理をしたことない人がカレーを作るのとまったく一緒です。

3回も作れば、簡単です。
クックパッドカレーを作る

まとめ:時代を読んで準備しよう

コロナ → 誰もが不安な時間 → スキルを磨く時間 

いつも忙しくてなかなか手につかないことがありました。
けど、コロナ禍では、それができる時間が生まれました。

で、一人の時間で何をするか?

最適解を考えてコツコツと歩むのが良いかと思います。

最近は、だんだん皆さん気が付き始めました。

「自分時間を売って生活する限界」があるってこと。

コロナ禍、ソーシャルディスタンスと言われるように、
距離をおいた生活、非接触での行動が求められてます。

レジ打ちが amazonn Go に変化するに時間はかからない印象です
→すでに「セルフレジ」はどこにでもあります。

ウィズコロナで、これからもどんどんIT化に拍車がかかります。
→組織にぶら下がって生きることがリスクになりはじめてます。

僕を含めた大多数のサラリーマンにとって、
・「プログラミング」はコスパの良いスキルです。
・今のタイミングを逃すと痛いです。

と感じていただけたら幸いです。

この記事を書いたらやるべきこと
・自分自身の市場価値を高めることを考えてみる
・事実から謙虚に学んでコツコツと継続してみる
→このやるべきことは自分に向けて書きました。

人気記事未経験でプログラミングスクールを選ぶときの注意点【稼げる?】

タイトルとURLをコピーしました