プログラミング学習を最速で終わらせるコツ【→市場ニーズを確認する】

YUKAlog-プログラミング学習を最速で終わらせるコツ【→市場ニーズを確認する】

独学かスクールか悩む・・・。

であれば、逆算で考えると良いです。

そもそも「稼げる・歩ける」ようになるのが目的の学びです。

「短期間で市場ニーズに応える学び」を考えましょう!

これって当たり前かもですが一生懸命に学んでる最中って、
本当にわけわかんなくなります。

「短期間で市場ニーズに応える学び」を意識すると
スキルは爆速で身に付きますよ。

プログラミング学習を最速で終わらせるコツ

プログラミング学習を最速で終わらせるコツってあります。それが

お勉強や研究はあと! 学びながら仕事をとる!

研究とかは必要になったときにやる。

要望で使うスキルを一つ一つ積むだけです。

過去にWebの独学とプログラミングスクールに行きながら同時進行でWeb構築してた経験から「Webエンジニア」スキルを爆速で身に着けたい初心者に読んで欲しい考え方です。

Webエンジニアのスキルっていろいろありますけど、まずは、
「HTML、CSS、Bootstrap、jQuery、JavaScript、PHP、WordPress、SQL」
があれば、どんなサイトでも作ることができます。

こんなにたくさん・・・。ですね。
けど大丈夫。

要するに依頼されたものが希望通りに動けばいいのです。

まず市場が求めるものを見てみよう

市場が求めるものを知る→それから学びを考えてみます。

たとえばランサーズなんかですと、コーディング依頼案件がたくさんあります。

ランサーズ(コーディング案件で抽出)

個人的には「Webのランディングページ」をGetするのがオススメ。
理由:コード的には「HTML、CSS、jQuery」くらいです。

独学で仕事をGetできるレベルです。

また、ランディングページってのはWeb上の広告チラシなので、
商品の数だけ需要があります。増える一方なのでさらに良しですね。

ただ、Webを始めると「WordPress」の需要は変わらず高いことがわかります。
というか、きっとそちらに流れていきます。

WordPressの構築は高単価な案件ですが、実作業はHTMLを切り刻んでPHP化するだけ。
デザインされたWebサイトがあればWordPress化への作業工数はさらに少ないです。

まずはできるところから。
そして、需要が高いところから攻めると良いです。

需要が大きいものは案件も多いのですが(当たり前です)、
なぜか不思議と価格帯は安定し続けています。

→受ける人が「安売りしない」からですね → 当然です。

予備知識でした。

独学で気をつけるべきこと(事実)

独学は「具体的」なことが見えないので、終わりがわからないです。
そして、時間もかかります。

例えばこんな感じに悩みます。

・何を勉強していいか分からないので迷走
・エラーが解決できないので放置気味
・学びの到達地点がよくわかんない

Web系のスキルはネットで無料で学び続けることができます。

けども、、、日常生活を送りながら、です。

Web系の学びを仕事時間にやれる環境なら別ですが、
そうじゃないと、モチベーションが続きません。

このあたりが独学で気になるところ。

・モチベーションの継続。
・調べる時間の確保。
・それを学ぶ時間枠。
・それを書く時間枠。

毎日数時間くらいはかけておかないと理解しずらいです。
学びの流れをぶつ切りにしないのがコツです。

何をもって学びが終了となる?

「何をもって学びが終了となる?」って大問題です。

その答えがこれ。

スキルが身につく = 使い物になる。

だけど、独学でもスクールに通ってもよくわからない部分です。

自己評価できない。。。どのくらいのレベルなのかさっぱり・・・。

じゃ、学びの出口を決めちゃいましょう

学びの出口を勝手に定義しておきますね。

学びの出口は仕事のGet。

これでやってみるのがオススメです。
転職や就職とかにも役立ちますよ。

やることはこれ。
具体的な成果物を求めてるとこに参入する。

例えば、、、ランサーズで仕事をとる!
と決めちゃう。

特にランディングページのコーディングはオススメです。
→どれも数万円。3日ほどあれば十分に作れます。

こうやって「市場と対話」をしながらスキルを学ぶと、

・この先に何をやるべきか?
・深堀りするところはここじゃない!

みたいなことが直感でわかるようになります。

市場との対話で役立つのがプログラミングスクール

既出ですが、もう一度。
学びの出口は仕事のGet。

学びのための学びにならないように考えるのが習得のコツです。

Webスキルは掘れば掘るほど深くなりまして、絶対的に学びが終わらないです。

研究者になるのではなくて、そのスキルで生きることが先決です。

実はこのあたりはスクール+ランサーズで解決です

スクールに通いながらランサーズを眺めると、実務が見えます。

・どんなことが求められてるのか?
・今、その学びはどこらへんで必要になってるのか?

がわかります。

なので、
ランサーズで仕事をGetするとしたら。。。と仮定して、先生に質問です。

→もちろん「学ぶべき課題の道中にある」質問でないと駄目ですよ。

例えば、スクールの課題で「ランディングページを作ろう」なるものがあるとします。
そこで、こんな質問。

「ランディングページのデザインでオススメな、まとめサイトありますか?」
「ランディングページのサイト構造を配布してるサイトなんかありますか?」
などなど。

これは「現場で実務」をやってる講師でないと、回答できません。
他にも講師が「実務の現場で使ってるツール」などを聞きます。

講師の経験値にとても価値があります。
ある意味、業界のノウハウです。

これを、普通に聞けるところがプログラミングスクールです。
→講師が現役プログラマであることが大前提です。

市場でいきなり使えるノウハウを集めよう!

こんな意識でプログラミングスクールに通うと、
業界ノウハウ = いきなり使えるノウハウ
が溜まっていきます。

もし、
スクールの課題がランサーズにある依頼と似たようなものだったら、、、
迷わずポチりましょう。

課題をやりながら不明点や悩みなどを解決してもらいつつ、
それが完成したら納品できますよ。

デザイン違えど、Webの構造は一緒です。

いきなり仕事Getですね。

※プログラムは著作物なので書いた人に権利があります→売れます。

ランサーズって何?

ランサーズとはフリーランスが仕事を拾ってくるサイトです。

例えば、「コーディング」で検索すると・・・。
ランサーズ(コーディング案件で抽出)

中小企業のサイトをGetしたら30万。
ランディングページをGetしたら5万。

この2つをこなすと月の給料は十分!

そんな見立てができるようになります。
→スクールで学びながら、です。

これは応用編な使い方かもしれませんが、実用的です。

なお、スクールの良いところは2つあります。

どれもライザップのような温かい支援。
→三日坊主になりにくいサポート体制です。

スクールの役割1つ目

・やりたいことを見つけてくれる(無料体験)
・やりたい目的に届けてくれる(サポート)

学習ルート決めてもらえる = 学びの最適化

初心者で、まったくわけわからん状態のときって、
何を勉強したらいいのかさっぱりでした。

しかも鳥瞰図的なこともわかんない。
これを一人で調べて歩くには、かなり時間かかります。

それをスクールにやってもらいましょう。
希望を伝えて、歩む道を教えてもらう。

これだけでも、学びの時短となります。

スクールの役割2つ目

・つまづいたら助けてくれる
・つまづく前に教えてくれる

迷走時間をすべて排除 = 学びの時間短縮

最適な順番で学ぶのが大事と言われるところです。

ひとつひとつ歩むと、つまづきポイントなるところがあります。
それって、スクールの人は良く知ってます。

というか、だれでも転ぶところなんですよね。

適切な学びは、
・基礎→応用 じゃないです。
・求められるもの → さらなる深い知識 です。

スクールの役割をまとめると

・最適解をくれる。
・時間をくれる。

この2つ。

これを「お金で買う」ことになります。

初心者は、わからないことがわからない状態です。

質問できるレベルまで一気に引っ張ってもらいましょう。

コロナの影響で、どこもオンラインコースばかりなので、
期間中はいつでもどこでも自由に質問できますよ。

「スクール授業料の回収」を目標に逆算して学ぶ

プログラミングスクールを比較すると、あれもこれも、で悩みます。
さらに価格の面でも、どうなんだろう・・・と。

・プログラミングスクールは安くても10万ー20万円。
・独学はWebからの学びと本代くらいで数万円。

コスト的に見ると「独学」が良さそうです。
時間的に見るとスクールのほうが良さそう。

もし、
・独学とスクール比較で悩んでたり、
・スクールの価格比較で悩んでたり、

してるなら時間がもったいないです。

目的は「スキル」で何かすることなので、
ハイブリットで学びましょう。

→スクール代金のコストは回収可能です。
→独学の時間コストは回収できないけど体験が大事。

要するに「コスパ」ですよね。
なので、投資してからの回収です!

→授業料をランサーズで回収してみよう!

パソコンが安い高いのレベルの話と同じにするのもあれですけど
そのパソコンで何ができるのか、何を生み出すのか、によって
価格の高い安いが決まりますよね。

・なんか作って売るための創作用マシンとか
・スタバでドヤ顔するためのマックとか

それと同じ
「使い倒して購入価格以上のものを手に入れたら」
それは「安い」です。

もしWeb系のスクールをに行くなら、
ランサーズでランディングページの仕事Getしましょう。

※リアルな学びができます。

基礎的な学びのHTMLとCSS、それからデザイン。
この程度でランディングページの仕事はとれます。
→単価数万円。どれも3日もあれば作れますね。

実績とかは「ブログにアップしておく」と良いです。

「こんな感じのものが希望です」とあれば、
そのサイトと似たようなデザインを作ってブログに載せておく。

そうすると、「この人はこの仕事は任せられるな」と見てくれます。
実績ってわかりやすい指標ですが、ブログでも大丈夫。

相手が欲しがるものを先に作って、見せる。
これ、「おおっ!」ってなりますよ。

ランサーズでの実績なんて関係ないです。

まとめ:コスパを考えるなら投入時間の密度を考えよう!

YUKAlog-まとめ

人生は限られてます。
学ぶ時間も稼ぐ時間も。

なので、稼ぐまでの道のりをどれだけ短く効率よくするか、がポイントです。
Web系の技術は、できる人にとっては独学でできるものばかりです。

→僕はそうじゃないので困った

そこで体験したことをまとめるとこの記事になりました。
結局のところ、遠回りして分かったことですが、、、

走りながら書くと爆速でスキルが身に付きます

✔ プログラミング学習を最速で終わらせるコツ
→まず市場が求めるものを先に知っておく

✔ 独学で気をつけるべきこと(事実)
→終わりを考える

✔ 市場との対話で役立つのがスクール
→知恵袋として活用する
→お世話係になってもらう

✔ 「スクール授業料の回収」を目標に逆算して学ぶ
→最短で稼げるスキルを身につける

ということで、この記事は以上です。

いつもありがとうございます。