会社でWeb関連の仕事にかかわると神ループをまわせますよ

YUKAlog-会社でWeb関連の仕事にかかわると神ループをまわせますよ

ネットで稼ぐ人って、いっぱいいますよね。

例えばブログで稼ぐ人。集客が成功した結果。
SEO対策が成功。

これって、社会でいえばWebマーケティング。

個人ブログと会社のWeb集客って、やること同じです。

会社でWeb関連の仕事にかかわると神ループをまわせます

神ループって何?

仕事→個人→仕事→個人→仕事→個人→仕事→個人・・・

こんな感じで、仕事するたびに「個人」へ蓄積できるもの。

他人時間の労働で、自分時間のためのスキルが身につく。
そんなループを神ループと言われるようです。
 

たとえば、

【仕事】仕事で学んだ知識をブログに活かす。

↓↓↓↓↓

【個人】ブログで学んだ知識を仕事に活かす。

↓↓↓↓↓

【仕事】爆速で培ったスキルでコンサルする。

↓↓↓↓↓

【個人】自分でもブログでマネタイズする。

 

合理的・・・。
仕事もプライベートもすべてが一極集中。

大学教授といわれる人々がこれと同じ類です。
論文作成マシーンで歩むと、すべての時間がスキルアップのネタばかり。

なにも「Web専門」の会社の話じゃないです。普通の会社のシステム部門でも同じような仕事がありますし、広報や営業にもあります。Webで集客する仕事って、どこにでも転がってます。

Webの世界に転がるスキルは3種類

「Web方面の仕事に変更してみようかな」と感じたら、
以下の3つの分類を知っておくと良いです。

これしかないですから。

  • ✔ Web構築(設計・デザイン)
  • ✔ Webマーケティング
  • ✔ Webコンサル

✔ Web構築(設計・デザイン)について

イメージは家をつくる設計事務所と大工さん。
目的は家をつくることです。

Webとはいえ、やることは広範囲にあります。
それによって呼称がいろいろあります。

SE

システムエンジニアと言われますが、要件定義する人。
顧客の要望にあったモノを話し合って決めていく人です。

文系の方が目指すところです。
IT系の入り口みたいなものですね。

片付け好きなら適職ですよ。

Webデザイナー

Webデザインの「見た目」を装飾する人。
イラストレーターやフォトショップなど使う人ですね。

絵心ある人はオススメです。

コーダー

フロントエンジニアとか言われます。
パーツをそろえてWebを組み立てる人。

HTML5とCSS3ができればOK。
これがWebのベース。

あとはプログラムとデータベース。

いろんな技術を加えれば加えるほど、
重厚感あふれるWebアプリケーションがつくれます。

たとえばパララックス効果などの動きをつけるのがjavaScript。
さらにWordPressのCMSで管理するならPHPの理解とかになります。

こんなのできたら、Wordpressのテーマを作って販売できちゃいますよ。
 

Web構築(設計・デザイン)は、分業が多いですが、
簡単なサイトであれば全部まるめて一人でやることも可能。

WordPressを使ったWeb構築ってのは個人でも会社でもナイス判断。
今やCMS(コンテンツマネジメントシステム)としてWebの主流です。

✔ Webマーケティングについて

簡単に言うと、
「時代のツールを使って営業する」ことです。

コンテンツマーケティングともインバウンドマーケティングとも言われますが、
要するに「良きコンテンツをばらまいて集客する」方法。

google対策のキモですね。

マーケティングは2年もたてばツールや方法が変化していきます。
SEOを基本に、TwitterなどのSNS、youtube、ネット広告、などなど。

ハイテクツールはいろんなのが出てきますけど、
いずれのゴールも「お客さんの心をガッチリつかむ」と成功です。

今やWeb(ホームページやブログ)はどんな会社でも必要。
さらにマーケティングも同じく必須、というか、義務みたいな感じ。

そして、商売やるに、これからはインターネット環境はさらに必要。
※コロナで対面販売ができません。社会構造が変化しちゃいました。

普通の会社にこういうスキルを持つ人がいたら最高ですよね。

✔ Webコンサルについて

Webの構築から運用、改善まで。
ソースの中身からコンテンツの配信まで広範囲にサポート。

経験値から困った人の問題を解決するお仕事です。

・仕組み
・青写真
・鳥瞰図
・ロジック

これら妄想するのが好きなら、すぐに到達します。

で、コミュニケーションが上手だとなお良し。
足らないスキルをカバーできたりします。

上級SE、プロマネ、ディレクター、とかですね。

この立場は、地味にシステム系の仕事を続けて、
人のお世話をしていたら到達できるレベルです。

システムのスーパー営業マンという感じですね。
自分では書かない。けど中身わかる、みたいな人。

身についたWebスキルはどこでも使えます

とはいえ、未経験者はいきなりこのレベルは無理です。

そもそも既視感や経験値がない。。。

であれば、経験しちゃいましょう!
Web系の技術に、使うための資格はまーったく必要ありません。

資格を持ってても、「できる or できないか」だけ。

モノいうのは既視感と経験値です。

この足らないスキルは「実践」で学ぶ。
なので、就職したところでガチで学びましょう。

どうやってスキルを身につけるか?

Webマーケティングの技術はどんな会社であっても
ノドから手が出るほど欲しいスキルです。

Web構築にはある程度のスキルが必要です。
マーケティングもコンサルもそれは同じです。

で、これらセットで今からでも学べる方法があります。

それが、

 

WordPressを使ってブログを書くこと。

 

サーバーインストール型のWordPressを使ってブログを書くと、
少なくとも以下の数点はやるハメになりますし学べます。
これで、「初めてやってみたレビュー記事」も書けます。

(既視感ができます。一度やったことがあるよ、という自信は大事です)

・レンタルサーバーを借りる
・ドメインを買う
・サーバーを設定する
・FTP接続にてWebサーバーに接続する
・ファイルをWebサーバーにアップロードする
・WordPressのテーマファイルを入れる
・プラグインを入れる
・記事を書く

WordPressで学べるWeb技術

「ブログデザインをいじる」となれば、
CSSやHTMLまで学べちゃいます。
・HTML5
・CSS3
・javaScript

そして「テーマファイル」を解読すると、プログラムまで理解。
・PHP
・MySQL(表面にほぼ出てこないので学ぶ機会はないかもです)

ちなみにWordPressは世界規模で利用されてるフリーツール。
タダでサイトをいくつも作れます。

そのWordPressを構成してるのがPHPというプログラム言語。

PHPを理解して、WordPressの構造を学ぶと、
オリジナルテーマは誰でも作れます。

何言ってるのかよくわかんない、まーったくわかんない。
と思いますよね。

だけど、今の世の中、親切な人がたくさんいまして、
困ったことは、ほぼ「Web検索」でヒットします。

WordPressは世界中で使われてるので、使われてる分、
情報も多いです。独学するに最適な素材です。

WordPressで学べるSEO

もう一つ大事なのが、ブログを書くこと。
ブログを書くと、SEOの学びを実体験できます。

どうせ書くなら読んでもらいたいですよね。
その思いがWebマーケティングにつながっていきます。

集客スキルってあんまり市場に出回ってないです

YUKAlog-まとめ

長くなりましたけど、ここまで書いたことは普通に
Web制作会社に「就職」した人たちがやってることと
ほとんど変わりません。

例えば「LIG」。

良い記事でなければ面白い記事を書け! の社長命令。
スタッフの皆さんみんなして書いてます。

会社のホームページです。これ。
長いことLIGウォッチしてきましたが、
どんどん大きくなってます。

もし、貴重な時間を有意義に使いたいなら、
未来の自分にむけて、スキルに投資すべきと思います。

IT業界の職種を考えるのであれば、Web系。
活動前にWordPressをたてて、ブログを書くことをオススメします。

それを持って就職活動。

すると、スキルのない未経験者であっても
一目おかれます。

「え、未経験なのにwordPressたててブログ書いてるの?」
「独学でデザインを自分で変えたの?」
「本当にこれ全部独学?」
「PVこんなにあるの?」←あればいいですよね。

こういう成果物(というか趣味ではじめたブログですね)を
持参して採用面接などに挑むと、採用されるのは高確率。

だって、面接前に「自分でできることを自助努力して予習してきた」から。
即戦力が欲しい会社も、このような努力を見せられると、人柄を買いたくなります。

→というか、こういう人はうちの会社に欲しいです。

未来への先行投資でこれらの学びを深めていくとGoodです。
マネタイズもできますし、なにより入社してアドバンテージです。

学んだ人の先行利益ですね。
当然の利益と思います。

さぁ行動しよう!

この記事は以上です。お役に立てれば嬉しいです。

いつもありがとうございます。