片付けるとはカモられ悩み【たった一つを大事にすると解決!】

「片付けって?整理整頓やってるけど、ほかと比較するとダメな感じ。
インスタ映えする部屋でもないし・・・。で、コンビニで「誰にでもできる簡単な片付け」という雑誌を買ってきた。けど、3年前も同じような特集があったよね??

片付けるとはカモられ悩み??

こんなことを学ぶ記事です。

【目次】片付けでカモられる前に知るべきこと
  • 片付けとはカモられる悩みのこと
  • 片付けとはそもそも不要な労働ですよ
  • 片付けとは「ご褒美がある」こと
  • 片付けとは「感謝される」もの

この記事を書いている僕は典型的なO型、資質はテキトーです。
けども、思えば人の平均量の5倍は片付けの人生を歩んでいます。
「寮生活で3ヶ月おきの引越し」「実家の片付け」「学校アーカイブ2校分」ほか。
仕事はシステム系ですが、ここでもデータベースの整理整頓中です。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
片付け以前

片付けとはカモられる悩みのこと

片付けるとはカモられ単語。自分を大切にするとカモられません。

片付けのことを知りたければ、自分のことを大好きになりましょう。
自分の思いを大切にしましょう。他人の視線など、どうでもいいです。

悩む前に、自分を大事に。別に難しく考える必要はないです。
たった一つを大事にすると解決!

たった一つを大事に!の答え。
「自分を大事に」すること。

片付けるはメディアの「カモネタ」です

「片付け」の悩みは、ほとんどの人が持っています。

さくっと、できないこと。
実際にやると大変なこと。
周囲から苦言がある分野。

片付けに共通したイメージですが、ほかにもあります。
メディアの代表的な「カモネタ」が以下です。

  • ダイエット
  • お料理
  • 片付け

これら、テレビ・雑誌メディアが大絶賛するカモネタです。
ので、定期的に特集を組みます。

手を変え、品を変え、新しいテクニックを見つけては特集します。

特集する理由。
みんなカンタンに解決できるテクニックがあると思ってるから。

「購読者増となり視聴率増となる」
これ、業界の友人から聞いたことです。ある意味、納得です。

ちゃんとした解決策があるのに、その苦労から逃げたい。
要するに、楽をしたい。みんな同じですね。

カモられても解決しない。そして忘れた頃にまたカモられる

○○をすると効果ありますよ・・・。寝ながらダイエット!
楽して成果をあげたい人間の心理を突いてきますね。

けども、、、

そんなのに惑わされてはいけません!!

カモネタの基本的な解決策。
誰もが知ってる方法です(この記事の結論が含まれます)。

  • ダイエット→→の悩みは「食事と運動」で解決します。
  • お料理→→→→の悩みは「趣味にする」で解決します。
  • 片付け→→→→の悩みは「大事にする」で解決します。

繰り返しになりますが、人の欲望はだいたい同じ(僕もそう)です。

人の欲望。
さくっと成果だけ欲しい! テクニックがあるハズ!

魅力的なエサ。
「○○なら○○しなさい」 「○○は○○技がベスト」

なんか釣られそうです。喰いませんけど。

本題です。

片付け→→→→の悩みは「大事にする」で解決しますよ。

大事にするものは「あなた」自身。自分自身を大事にすると解決します。
これで片付けは本当に解決します。

魔法でもテクニックでもなんでもないです。

自分が歩むその先を、大事にする。
自分が考えることを、大事にする。
自分が思い描く夢を、大事にする。

要約すると、自分の未来を大事にするだけ。

片付け=自分を大事にする→片付けが不要

この記事を読み終えると、こんな不思議な構図が見えてきます。

片付けとはそもそも不要な労働です


そもそも不要な労働ですが、片付けのカモにされていたら
やるべきことは3つだけ、
ということを抑えておくと吉です。

ちゃっちゃ片付けたいのであれば、この3つを繰り返しましょう。
これ、どんな場面でも共通です。難しく考える必要はないです。

シンプルな片付け(簡単ですよ)。

  • その①:モノを出す
  • その②:取捨選択する
  • その③:配置とお手入れ

大きい場所、小さい場所、大小は問わず、3ステップで完了。

動くときのポイントは、これからサポートしてくれるモノを生活動線に入れるです。

その①:モノを出す

まずは、ごっちゃになってるモノを出します。
全部出します。すべて出します。

空っぽになった空間をキレイにします。
あとで心地よいです(ついでに掃除しましょ)。

その②:取捨選択する

ポイントは「3つに分類してゴミを捨てる」です。
全部出して、そのまま全部収納したら、やる意味がないです。

1いるモノ。 →必要です。
2迷うモノ。 →必要です。
3不要モノ。 →不要です。

不要モノ = 廃棄 or 転売。

これで取捨選択は終了。
ゴミは空間から消し去りましょう。

その③:配置とお手入れ

片付けの最終形は「配置」です。

全部出したもの、とりあえず元の位置に戻します。
使っているうちに心地よい場所が出てきます。
そのときに、配置を考えます。

決まるまで3回くらい配置調整がでてきます。
それまで、「とりあえず」置く程度でいいかと思います。

「うーん。ここじゃないんだよな・・・」
「あ、この感じ、いいじゃん、ここでOK」

使うものは便利に使いましょう。

配置は、使ったら戻すことで決まってきます。
なので、戻さないと、配置が決まりません。

お手入れ=もとに戻すです。

未来の自分のためにも、もとに戻してあげましょう。

片付けるとは「感謝される」ものです

片付けとは「感謝される」ものです
先ほどの片付け、終わると感謝されます。

  • 片付けるとは「モノから」感謝されるものです
  • 片付けるとは「ヒトから」感謝されるものです
  • 片付けるとは「未来の自分から」感謝されるものです

片付けるとは「モノから」感謝されるものです

断言します。片付けすると「モノから」感謝されます!?

ごっちゃごちゃに混雑した空間で、使われる出番を待っているモノ。
そこから、「あなたの居場所はここ」と扱われるだけで、嬉しい。

僕は「トイ・ストーリー」を見て考え直しました。
あ、モノって心あるんだな、と。

モノを使うときに、すぐに手に取れるように片付けておく。
すると、急ぎのときは「ぱっと」目に止まります。

「はいっ!」と手を上げてくる感じです。

一方、ぐちゃぐちゃになってるところからモノを拾い出すと
「ホコリまみれ」で、「泣きそう」に見えます。
どこいったー? となるときは、だいたい粗末に扱ったあと。

モノには心ありませんが、配慮してあげることはできます。
その心づかいは、モノに伝わるようです。

モノを大事にしてると、まず無くなりません。

片付いた空間に鎮座するモノは、感謝してます。
感謝してるから、すぐに役立ってくれたりします。

これを経験すると、「モノが応援してくれてるかな」と思います。
自分を大事にしてくれる力強い仲間ができたことになります。

片付けは「モノから」感謝されます。

片付けるとは「ヒトから」感謝されるものです

一人暮らしのときは、なかなか理解し難いことです。

が、共同生活すると、片付けの効果は莫大です。

片付けは、人にお願いするのではなくて、自分のためにやると吉です。
これから心地よい空間で生活できるだけでも御の字と考えます。

当たり前ですが、自分が心地よいと思った空間は、みな同じ感想です。

結果、自分のための片付けが、周りから感謝されるものに変化してます。

ちょっと注意点。大事な注意点。
「やってあげてる」「なんで散らかるの?」「なんで!!」「なんで??」
こんな意識になると、逆効果。一瞬で全員が「心の敵」になります。

自分のためにやると、感謝されます。

片付けは「ヒトから」感謝されます。

片付けるとは「未来の自分から」感謝されるものです

同じ感謝の念が、未来の自分からも届きます。

例えば、「就寝前の明日の準備」について。

片付け=メンテナンス
片付け=準備

そう考えると、明日を生きるための今の片付け。
その準備をすると、明日の自分は喜ぶハズ。

片付けは人生の優先順位を考えるだけで解決します

人生の優先順位とは、
今とこれからを生きること。

未来の自分が「ありがとう」と言ってくれますよね。絶対に。

片付けって、モノ・ヒト・未来の自分から「ありがとう」と言われます。
加えて、ご褒美だってもらえちゃいます。

片付けは「未来の自分から」感謝されます。

片付けるとは「ご褒美がある」ことです

片付けとは「ご褒美がある」ことです
いきなり結論。
ここで言うご褒美とは、最適化→効率化→時短の3つ。
もれなくGetできます。

  • 片付けとは「時間」のプレゼント
  • 片付けとは「空間」のプレゼント
  • 片付けとは「裏切りのない」恩恵

片付けとは「時間」のプレゼント

片付けを続けると環境が最適化されます。

この瞬間で興味あるもの、必要なものを配備。
すると、今を生きるので探す時間がなくなります。

生活動線上にあると、なおのこと探さなくてOK。

片付けとは「空間」のプレゼント

生活動線にモノをおくと、どうしても散ります。
理由は、ただ置いてあるから。

それを、整理しましょう。
取りやすく、使いやすく。

そして「いい感じ」に。

いい感じになったら、写真とれます。
誰もがうらやむ空間にするコツは、色使い。

色使いで部屋の雰囲気は変わります。こちらに詳しく書きました。
ミニマリストの部屋の作り方【構成色がポイントです】

こうして、空間が心地よくなっていきます。
心地よい空気感のプレゼントです。

毎日もらえます。
心地よい環境がくれるもの、効率化です。

片付けとは「裏切りのない」恩恵

結局のところ、空間が片付いたら心地よいです。
それをするのは自分。

使ったら戻すを繰り返すと、整います。
動いた分だけ整う空間。

そんな空間は、決して裏切りません。
筋トレ同様。。。

筋肉は裏切らない。片付けも裏切らない。

まとめ:片付けるとはそもそも不要な労働です

まとめ

  • 片付けるとはカモられ悩みのこと
  • 片付けとは「ご褒美がある」こと
  • 片付けとは「感謝される」もの
  • 片付けるとはそもそも不要な労働

筋トレ同様、未来の自分のための環境づくり。コツコツ整備。

これら、ぜんぶ自分に返ってきます。
ついでに、モノからヒトから未来から感謝されます。

片付けテクを使っての片付けは片付けではありません。
ずーっとメディアのカモになる片付けが続きます。。。

いつもありがとうございます。

コメントを残す

*