プログラミングスクールの無料体験で聞くべきこと【直球】

プログラミングスクールの無料体験に行こうと思う。

何か「転ばぬ先の杖」みたいな情報があればいいな・・・。

そんな方に向けた知っ得な情報を書きました。

まず、直球で聞くべきフレーズから。

「市場が求めるスキルは身につきますか?」

タイミングよく3回ほど聞く。
これ「3回だだをこねると適正情報が届く」という
九州地方にある昔からの言い伝えです。

以下、プログラミングスクールに通った経験からご紹介です。

  • 無料体験の注意点
  • 無料体験するメリット
  • 選び方のポイント

プログラミングスクールの無料体験で聞くべきこと【直球】について順に説明します。

無料体験の注意点

せっかく時間をかけるなら準備すべきことあります。

それは、学んで何をするかを考えておくこと。

漠然とスクールの説明会などに参加すると「おすすめ」コースの
説明を受けるハメになります。

これ、コスパ悪いです。

なので、
「心機一転プログラマとして転職したい」とか、
「WEBプログラミングスキルを身につけて副業したい」とか、
「スマホでアプリ作って売ってみたい」とか、

ある程度の「到達地点」を語れるようにしておきましょう。
専門用語は不要で、「こうなりたい」イメージを語るです。

学んで何をするかを考えておく

例えば、僕の場合ですと、
WEBアプリケーションを作るに「PHP」を使えるようになりたい。
という希望でスクールを選びました。

→これじゃとても弱いです。
学び中に「ふらふら&挫折感」がやってきます←やってきました。

振り返ると、スクール後「WordPressの自社テーマ」をいくつも作った事実から、

「WordPressでテーマを作れるスキルを身につけたい!」

と、無料体験で語っておけば良かったなと感じます。

すると、違うコースで、がっつりフルスクラッチ開発の必須スキルを学べたかと思います。
というか、そんなコースがあった気がする・・・。

ちなみに僕が通ったときのコース内容はPHPプログラム開発教室。
完全なるオールスクラッチ教室。予備知識となるHTMLやCSSもわからずで、結構シンドイ思いをしました。

事前知識として知っておくと良いこと

すでに確認してるかと思うのですが、スクールのサイトをしっかり読んでおくと良いです。

値段ではなくて、中身。

どうしても「お値段」を中心に見てしまいがちですが、
お値段の一人調査は、だいたいでOK。

説明会で具体的に質問して確定金額を教えてくれます→時短です。
いろんなコースがありますし、いろんな選択肢も出てきます。

なので「大体この金額くらいなんだ」程度でOKです。

大事なことは「見た目の金額」でなくて学ぶ中身です。
金額の比較は「最終的に具体的な金額」がわかったら比較する!と考えておくと吉です。

なお、プログラミングのスキルを身につけると、スクールに支払った以上の収入を得ることができます。

どうするのか? → 個別案件を獲得する。

例えばランサーズなどのコーディング案件(一番安いやつでOK)を地味に獲得していく!
ランサーズ「Web制作・Webデザイン」受発注の価格帯
コーディングのみの案件

たくさんヒットします。単価が安めのものでも、10件くらいで元が十分に取れます。

→具体的な金額は無料体験で聞くまで調査不要です。
時間がもったいないです。

スクール生が発信するブログから概要とカリキュラムをイメージしよう

無料体験や説明会に行く前に、スクール生が発信するブログを探しておきましょう。
そして、「うん?」と思ったことをメモる。
→すでに歩いてる人から不明点や疑問点を学ぶ、です。

カリキュラムを生でやってるのがスクール生です。
そんな「リアルな声」を何人かのブログで見ていくと吉です。

なお、スクールのWebサイトなどで、
「実際に学ぶカリキュラムを無料体験にて触られる」ものがあるのは自信ある証拠。

あらかじめ立ち読みできるスクールがオススメです。
→説明会が説明だけなら、それは怪しい。
→やたら誇大な表現だけなら、それも怪しい。

無料体験やカウンセリングの申し込みは、スクール生のブログを読んでからにしよう!

ネットでググった情報を鵜呑みにしない

これは「アフェリエイト」サイトの弊害について。
さらに「スクールが発信する自己弁護」な情報も。

このあたりは「ノイズ」です。

「売りたいモノ」を「読者目線」で「上手に説明する」サイト情報は怪しいです。
→ご自身の体験をフィルターにしてスクールを比較するようなら吉です。

そんな情報よりも、リアルが良い。
それぞれのスクール生が発信するSNSやブログを参考にしましょう。

「学習中のことをつぶやいてる情報」が一次情報で価値があります。
スクール選択するにもっとも良質な情報源です。

もし「そうだよねぇ」と共感いただけたのなら、
こんなキーワードでググってみましょう!

「スクール名 アウトプット中」

するとこんなスクール生の方々がヒットします。
例えば「ウェブカツ」なら「にこ」さん。←もう卒業された様子。

カッコいい!!

これから歩むであろう学びを、先輩が吐露してくれてます。

無料体験するメリット

ネットでは得られない情報をGetするのが無料体験メリットです。

もしそれが「カウンセリング」であれば、最適な「解」を教えてくれたりします。
→その先に「スクールのコース」の説明がありますが、営業トークが始まるので嫌な感じもします。

けども、目的を聞いてもらい、そこから逆算した学びを説明してくれるので、
聞かない手はないです。学びを始めるときの地図を無料でGetできますよー。

→ひとり悩む時間削減になるので、無料体験やカウンセリングはオススメです。

学習イメージがつかみやすい

カリキュラムに沿って、スキルを上げていくのがスクールです。
その「スキルUP」までの流れをカウンセリングでも教えてくれます。

そのスクール独特の「カリキュラム」がスクールの特徴。
よく聞いておくと、学びのイメージづくりに便利です。
→ここは適当にやっちゃうんだな、とか。ここは重要ポイントなんだー、とか。

コロナ禍なのでオンラインの面談です

最近はコロナ禍なので、無料体験やら説明会などはオンラインばかりです。
スクールカリキュラムもオンライン中心が増えてきてますよね。

オンライン面談なので環境の変化に乏しく斬新感はないですけど、
新しいことに挑戦するので「感覚が新鮮」になります。

この新鮮な感覚を、見知らぬスクールの方から受けるのをおすすめします。

なお、面談中の営業トークを遮断するのは簡単です。
ネットを切断したらいいだけ。

ホントに失礼な方法かもしれませんが、強引な勧誘やら、本当に無理だー、ということであれば、ネットなので切断ができます。

必要な情報をGetするだけに絞れますね。

無料体験は、学ぶカリキュラムと相手のトークも含めて、
自分の肌感覚を大事にすべきです。

選び方のポイント

最後に、スクール選びのポイントを列記して終わりにします。

学びで大事なのは「専門スキルを身につけること」です。
学びで大事なのは「魚の釣り方を体得して再現する」です。

魚を釣ってくれて、さばいてくれて、なことから始めるのに、
それを食べるだけのスクールってよくあります。
要するに「流れに身を任せると卒業する」スクール。

例えば「JavaScriptでビンゴゲーム作りましょう!」とか。

この設計同線スキル、どこで使うのだろう・・・。

即戦力として使えないです。

これよりかは、
「会員サイト作ってみよう」
「ログインフォーム作ろう」
「一覧表示をしてみよう」
「登録・更新・削除を組み込もう」

という具体的かつ実践的な成果物を生み出すカリキュラムならBEST。
しかも、テキストエディタだけでフルスクラッチする類。

例えば上記の「ログイン・一覧・登録・更新・削除」は、どんなWebアプリケーションにも使える共通パッケージです。

スクール選びに必須なポイントは2つ。

それやって、市場が求めるスキルが身につきますか?
それやって、魚の釣り方を習得できますか?

これら、無料体験や無料説明会で直球で聞いてみましょう!

スクールを判断する材料のひとつが「学習資料」です。

そのカリキュラムを終えたら、どの程度の仕事が取れるのか聞くべきだと考えます。
例えばランサーズを引き合いに出して。

スクールはあくまでも学びのきっかけです。
それをもとに、どれくらい一人で歩めるようになるのか?

も、聞いておきましょう。

この記事は以上です。

「プログラミングスクール おすすめ」の検索上位10件から、
オススメスクールを目的別に3つ、最適解としてまとめました。

▶️未経験でプログラミングスクールを選ぶときの注意点【稼げる?】

いつもありがとうございます。