片付けはどこからやると効率的?【好きなことから始めるべき!】

片付けはどこからすれば効率的なのかな?→→小さな動きが片付けのキックになります。

【ポイント】片付けは好きなことから始めてOK!

片付けはどこからやると効率がいいの?

そんな悩みを溶かす記事です。

【解決策】片付けは好きなことから始めるべし!
  • まずは生活動線を考えるといいよ!
  • ちょこちょこ環境を整えていこう!
  • 歩む方向を →→→→→決めましょ!

この記事を書いている僕は典型的なO型、資質はテキトーです。
けども、思えば人の平均量の5倍は片付けの人生を歩んでいます。
「寮生活で3ヶ月おきの引越し」「実家の片付け」「学校アーカイブ2校分」ほか。
仕事はシステム系ですが、ここでもデータベースの整理整頓中です。

この記事は片付けのこのあたりを書いています。
片付け以前

片付けはどこからやると効率がいいの?

片付けはどこからやると効率がいいの?
まずは生活動線を考えるといいよ!

片付けで陥りやすい罠。

「見た目をキレイに整えること」
「収納はキレイに詰め込むこと」

片付けの教本やアドバイス、これまで受けた教育の結果・・・。

「これが片付け」だと教育されてきた生活はツライです。
生活動線を考えない片付けは終わりなきブラック片付け。

見た目重視の収納グッズ・見える収納の罠ですね。
だって、使いにくい。戻しにくい。馴染めない。

そんな重圧は取っ払っちゃいましょう!

  • まず平日の生活導線を整理しよう
  • 次に収納スペースを整理しよう
  • 最後に明日の準備をしておこう

まず平日の生活導線を整理しよう

とにかく「平日の生活導線」これにメスを入れましょ。

空間で最も使われるのが「平日利用」のもの。
ここを攻略します。

平日の生活動線なので、いつも目にすることになります。
そこを整えるだけで、家の中は見違えてキレイになります。

置きっぱなし、やりっぱなしをなんとかしましょう。
使うものを使う場所に置くと、なお良し。

平日の導線で酷使される場所です。
玄関。廊下。階段。水場。

ここに放置してあるものは徹底的に撤去を考えます。

日常の導線にモノがないだけで、サッパリします。
「小綺麗に片付いたおうちですね」と言われるようになります。

収納を考えるのは二の次、三の次。あとです!

次に収納スペースを整理しよう

日常の導線にあるものに手を加えていくと、邪魔なので収納したくなります。
なので次なるターゲットは収納スペースです。

作業する前に、ちょっと収納スペースの定義を考えてみます。
収納スペースは使うモノを日常の導線から待避させる場所です。

使い始めの頃に「広いからこれも入れておこう」と、入れたモノがあったハズ。
そして時間の経過ともに、収納場所に困り、押し込んだものがきっとあるハズ。

これらを考えると「理由あっての格納」ではないモノがあります。

買いだめなどのストック品・捨てられない思い出の品。
時間と共に忘れ去られたモノ。

収納スペースという空間には多くの「訳あり品」があったりします。
その訳あり品を全部出しちゃいましょう!

部屋は大いに散らかりますが、気にしないで全部出す。
片付けのセオリーですね。

で、収納スペースの定義を再度確認します。

収納スペースの正しい定義(ではないだろうか・・・)
【O】→ →「生活導線に出すと邪魔なもの」を格納する場所
収納スペースの間違い定義(ではないだろうか・・・)
【X】→ →「ストックや不要なものを詰め込む」便利な場所

だれも、わざわざ「ゴミ」を詰め込むことはしないです。
けども、なんか詰め込むタイムカプセルのような空間になってます。

職場の経験ですが「要不要の判断ができない」モノって沢山あります。
これはどのセクションも同じ現象。

いる・いらないの判断、取捨選択できる人が現れるその日まで、
ずっとルーティンで増えていきます。

モノは使い切って捨てるまで、そこに鎮座します。
取捨選択せず保管を続けると、収納スペースはいくらあっても足りません。
なので、レンタルBOXが流行ることになります。コンテナ式のやつですね。

何を入れたか忘れてしまうような収納方法はやめましょう。
今の収納スペース、不要な物で占拠されてませんか?

時間かけてでも、ここをなんとかしましょ。

なんとか=手放すこと

ひとつ手放すと、隙間ができます。空間ができます。スペースが確保できます。
そこに、「使う大事なモノ」を格納していくことが、収納スペースを使うコツです。

収納場所を広げることは簡単→ → →お金で解決します。
収納場所を整理するのは大変→ → →時間が解決します。

よくわからない収納物のために賃借料を払い続けるのは、もったいないことです。

最後に明日の準備をしておこう

なんだかやるべき手順が二転三転しますが、これ大事。
収納スペースを片付けるのは日常でちょこちょこできます。
たとえモノが散ってても生活できます。

けども、明日の準備はしておかないと、あとで大変です。
散った空間を整理する前に、さくっと明日の準備をしておきましょう。
これが先。明日が決まれば、安堵感ありますし、手も空きます。

片付けの順番っていうものがあります。

自分のこと→近々なこと→未来の仕組みを作っていく。

日常に溶かした片付けの方法、手順です。

一気になんとか、毎日なんとか、ときめいてなんとか。
片付けの方法として、多くのキャッチーな言葉がありますよね。

なんとなく楽チンなイメージですが、、、、全然違います。

片付けは、明日などの次の準備をしたあと、将来の仕組みを考える終わりなきゲーム。
環境作りのゲームです。

なので、使ったら戻す。ちょこちょこやる。
これがキーワードになってきます。

片付けはどこから見直ししたらいいの?

片付けはどこから見直ししたらいいの?
ちょこちょこ環境を整えていこう!

片付けという行為を改めて考えますと、毎日の歯磨きと同じ。
ずっと続きます。

片付けができない人に共通するのが、一回やったからもう大丈夫という安心感。
これ間違いです。行動がクセになるまで続けると、いつも整います。

要するに「いつもの」片付け。これ必須です。
ポイントは10秒間だけ、そのモノのために動く。

使ったら元に戻すという行動、だけ意識する。
意識してやり続けると、生活習慣になります。

  • モノを使ったら元に戻そう
  • 使いやすい置き場を考えよう
  • 戻すついでにメンテナンスしよう

習慣になるまでは、心を鬼にしましょ。
一度サボればずっとサボるので・・・。

モノを使ったら元に戻そう

モノを使ったら元に戻そう。
これが片付けのマル秘テクニック。

使ったら戻す。これだけで環境は整います。片付きます。まじです。

➡️ 生活導線の床にはモノが散ってない快適な空間。
➡️ 収納スペースは使うモノだけが格納されている。
➡️ 毎日の生活で使ったものは元の場所に戻すだけ。

散らかるイメージは見えませんよね。
片付けは努力という人もいますが、
クセは続けるだけで身につきます。

努力ではないです。

使いやすい置き場を考えよう

これ、片付けの仕組みと言える大事な部分です。

使いやすい置き場を考えよう

無理して整えなくても大丈夫。使いやすい場所に格納されていれば問題ないです。
几帳面な収納テクニックなどの教育効果って、「散らかる&挫折感」をくれます。

収納方法は自分の性格に合わせるとベストです。
だいたいな人は、だいたいな場所にだいたいでまとめましょ。

例えば洗面所。自分が使うモノは「一箇所に全部まとめる」です。
見た目がどうであれ、洗面所という場所で使うモノを全部放り込む。

僕はO型なのでそうしてます。
クシやヒゲ剃りやクリームや爪切りや塗り薬。
全部ここ(洗面台の袖にあるポケット)。

使うときに使えるようにしておくのが生活動線上の置き場(=収納)です。

この置き場がないと、
使うときにモノがないので、探す手間アリ。
そして元に戻すのが面倒になって放置スル。

結果、散らかります。
その逆手をとる片付け方法ですね。

「使うときに使えるようにしておく収納」
が「使いやすい置き場を考えてみよう」です。

あと、ゴミごとに分類されたゴミ捨て場。
当たり前ですが、ゴミは分類しなきゃ捨てることができません。
これがあるとゴミを捨てることできます。

なので、部屋にはゴミも溜まりません。
ゴミ捨ても使いやすい置き場を考えましょう!

戻すついでにメンテナンスしよう

最後に、メンテナンス。
使える状態にしておかないと、次に困るからメンテする。

それをわかっていて、やれない。やらない。

だんだん溜まっていく「流しの食器類」。
放置しておくとカペカペになる食べ残し。

洗い流すのは面倒なことになりますよね。
「めんどくさい」が作り上げた「面倒なこと」です。

これを逆手にとりましょ。

「めんどくさい」ではなく「時間を貯金する」と考える。

食器などわかりやすいです。
食べ終わったら放置。すると放置する時間にもよりますけど、ちゃっちゃ洗えませんね。
食べ終わったら洗う。するとカペカペになってないので、洗剤でちゃっちゃと洗えます。

結局、手をつけるのは自分。

簡単に済ませることができたら、時短。

時短は時間の節約。
時間の節約は時間の貯金。

そう考えてみる。

分かってるのにできない。ここに手を入れましょ。
洗う・修理する・次のために用意する。

準備は大事だな、と思う図解をご案内します。
この思想を仕事に取り込むと、仕事から追われなくなります。
むしろ、仕事を追い立てることの方が多くなります。

参考になる図解(急ぎではないけど重要なことに時間を投じよう!)

急ぎではないけど重要なこと

7つの習慣より

見方は簡単。

重要かつ緊急ではないこと(赤枠)に手を加え続ける。
→→準備や仕組みづくりのことです。

重要→重要でない。緊急→緊急でない。
このマトリクスで作られた生活環境。

絶対にやらなきゃならないことからの脱却を考えます。
絶対にやらなきゃならないこと(緊急&重要なこと)
→→こいつを限りなく減らす方法です

手を加え続けた結果、緊急対応が楽にできる。
準備してきたから、緊急対応しなくても良い。

そして時間がゆっくり流れていく。

もし片付けに悩んでいたら、この思考は知っておくべき。

「仕組み」「片付け」「準備」「スキルアップ」「システム化」・・・。
これらを主体的に攻略していくと、自身の時間さえ自由に確保できます。

深堀り:同じような片付けを繰り返してるんだけど・・・。

同じような片付けを繰り返してるんだけど・・・。
実はそれ、歩む方向を決めてないから・・・→決めましょ!

毎回、味気なくて面倒な片付けとなってしまうのには理由があります。
それは「楽しみを我慢して」の生活を無意識にしてるからです。

優先順位が最も低いところばかりをメンテナンスするって、活力がわかないですよね。
散ってるものにも興味なし。そんな片付けは、労働でしかない・・・。ストレスです。

  • 歩く方向は「好きなこと・得意なこと」です。
  • 分からなくなっているときは「特性診断」を参考に!
  • 片付けは好きなことから始める。

歩く方向は「好きなこと・得意なこと」です。

この世に生を受けたなら、やるべきことはひとつ。
今の生活を「好きなこと・得意なこと」に意識を特化していきます。

好きなことを中心に生活空間を整えると、すべてに愛を注ぐことができます。

それ以外のモノは「好きなこと・得意なこと」をサポートしてくれるためのツール。
そのツールは家事であったり仕事であったり、いろいろ。

ツール自体が好きならいいですけど、好きでなければ苦役。
手間暇かける時間がストレスになります。

繰り返します。あなたの歩く方向は「好きなこと・得意なこと」です。
すべてをそこに収束させる生き方、考えてみませんか?

すべてに愛を注ぐことができる生活になります。

分からなくなっているときは「特性診断」を参考に!

生活の多忙感で、自分のやりたいことや好きなことを封印しすぎて忘れた。
思い出せないかも・・・そんなときは自分を見つめ直す、絶好の時期です。

モノを手に取り片付けていくと「好きなことや得意なこと」を思い出す瞬間があります。
けども、そもそも疲れ果てて、そんなパワーも出ないよって時に有効な方法があります。

それが、自分でも気が付かない「特性」から探る方法です。
片付けが苦手?であれば、好きなことを見つけると歩むことできます。

【片付け苦手な人向け】プロ並みに環境を整える思考法【簡単】 を参考にしてみてください。

きっと未来は明るくなります。

片付けは好きなことから始める。

片付けは好きなことから始めるとうまくいきます

好きなモノで環境を整える。
好きなところから手をつける。

この行動は感情をキックさせます。感情が動き出しますと身体は動きます。

負の感情で片付ける日常生活を続けると、残念なことに、それが人生となります。
事実、そういう感情で生活する人は意外と多くいます。
ストレスのひとつの原因となってますよね。片付けって。

辛く考えて生きるのも、楽しく考えて生きるのも、同じ。
どちらも同じ自分時間が、ただただ過ぎていきます。

片付けなんかで困惑してる場合じゃないです。
人生はそんなに長くありません。

どんなに長くても150年(生きたらすごい)!

寿命は技術の進歩で変わるかもしれませんが。。。今のところ。

片付けをするにはどこからやればいいのか?
そんな悩みを溶かすヒントになれば嬉しいです。

人気記事片付け業者をニーズ別でおすすめ→着目すべきは不用品です【体験談】

いつもありがとうございます。